なぜドラマーはドラミストになれないか

Pocket

ギターを弾く人はギタリスト (guitarist) 、ピアノを弾く人はピアニスト (pianist) と「楽器名+ist」の形で呼ばれるのに、ドラムを叩く人はドラミスト (drumist) ではなくドラマー (drummer) と呼ばれます。「弾く」ではなく「叩く」という動作になると「ist」が使えなくなると思いきや、パーカッションを叩く人はパーカッショニスト (percussionist) ですし、 ビブラフォンを叩く人はビブラフォニスト (vibraphonist) となります。この違いは何なのでしょうか。

英和辞書いわく、「-ist」は名詞に付いて「(名詞)に巧みな人」「(名詞)を行なう人」という意味になります。いっぽう、「-er」は動詞に付く言葉で、意味は「(動詞)をする人」あるいは「(動詞)をする物」となります。たとえば、走る人はランナー (runner) 、泳ぐ人はスイマー (swimmer) という風に、主にスポーツの分野で用いられます。よく調べてみると、実はドラム (drum) には「太鼓を叩く」という動詞の意味もあるのです。同様に、トランペットを演奏する人をトランペッター (trumpeter) と呼ぶのは、トランペット (trumpet) に「ラッパを吹く」という動詞の意味があるからなのです。

「ドラマーがドラミストでないのは、ドラムという言葉に動詞の意味が含まれるため」というのはわかったのですが、当然ドラムには名詞の意味もあります。動詞が優先されているということは、名詞としてのドラムは効力が弱いということです。端的に言えば、ドラムは楽器として認められていないのです。安室奈美恵を愛好するアムラーが安室奈美恵として認められていないのと同じです。つまりドラマーとは、ドラムを愛好している人であってミュージシャンではない、とも言えます。同じことがトランペッターや哲学者 (philosopher) にも当てはまってしまいますが……。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA