おはようございます

Pocket

日本のあいさつ「おはよう」に、丁寧語の「ございます」を付け加えた言葉。漢字で「お早う」と書くことからわかるように、一般的には朝方に使われるあいさつであるが、昼や夜であっても仕事中の職場内では普通に用いられる。「早い時間帯からお疲れさまです」という尊敬のニュアンスを含んでいるし、「こんにちは」や「こんばんは」では「ございます」という丁寧語が使えないためだろうか。「一般的には朝方に使われる」と書いたが、「何時から何時までが朝方」という明確な定義はない。櫻井個人は、新聞の朝刊が配られる早朝3時からコンビニの「朝勤」が終わる9時までの6時間を朝方と定義している。

すでに出勤している人が、後に出勤してきた人に対し、「おはようございます」の代わりに「お疲れさまです」とあいさつすることがある。どちらも「相手をねぎらう」という点は共通しているけれど、どう考えても疲れているのは先に出勤している方だし、捉え方によっては皮肉にもなってしまうので注意が必要だ。

話は逸れるが、店員が顧客に対して「お疲れさまです」と言うことにも櫻井は違和感を覚える。たとえば、美容院でシャンプーをしてもらった後に「お疲れさまです」と言われるのだけれど、洗われている側は寝そべってじっとしているだけだ。髪を洗っている方が遥かにお疲れさまである。こちらは何と返せば良いのだろう。手際の良さを評価して「おはようございます」とでも言うべきだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA