「個性を潰さない」は、本当に正しいのか

Pocket

とある講師のレッスンを見学しに行った際、レッスンする上で最も重要視しているポイントを訊ねると、「生徒の個性を潰さないこと」と返ってきた。極めて平凡というか世間並な回答であるが、具体的にどうすればよいか説明できる人はほとんどいないだろう。そもそも「個性とは何か」を理解している人の方が少ないのでは、と思う。

国語辞典曰く、個性とは「ある個人を特徴づけている性質・性格。その人固有の特性。パーソナリティー」のことである。「特徴」とか「特性」という言葉が出ているせいか、「他人とは違う、その人だけのオリジナリティ」と誤解されやすいが、他者と比較する必要はない。たとえば、「朝食はいつもパンを食べる」というのも十分に個性である。「『朝食はいつもステーキを食べる』くらいじゃないと個性とは呼べない」と思っている人は、個性と奇抜を履き違えている。

「朝食はいつもパン」という個性を潰さないためには、毎朝パンを買っておく必要がある。問題は、誰がそのパンを買っておくのか、である。無論、当人自身が買うことで初めてその人の個性となり得るわけで、誰かに買っておいてもらっている間はその人の個性とは呼べない。それは個性ではなく、「朝食はいつもパンが食べたい」という理想である。講師の仕事はその理想を叶えること、つまり、パンを買っておくのではなく、パンを買う術を授けることである。

幼い頃の櫻井はとんでもなく先生嫌いだったのだけれど、その原因は「毎朝ステーキが食べたいのに、『パンを食べろ』とうるさかったから」である。「ステーキは身体に悪い」とか「みんなはパンを食べている」と必死になって説教をしてくるのだけれど、こっちは全て理解した上で「ステーキが食べたい」と言っているのに、どうしてわからないのか、と不思議だった。講師が注意すべき点はこれである。すなわち、潰さないように注意すべきなのは、個性ではなく、理想である。

結局、櫻井はステーキを食べることを押し通したので、今ではそれが個性となっている。一度個性になったものは、本人が手放さない限り、絶対に潰れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA