動画

人生の名曲10選

前回(『自分の音楽の好みに大きく影響した10冊の本』)、前々回(『自分の音楽の好みに大きく影響した10本のゲーム』)と続いた、「過去を振り返るシリーズ」の最終回です。とあるミュージシャンが「人生の名曲5選」と称して、自分
Read More

大抵の場合、ドラムはどんな曲でもアレンジ次第で簡単に叩けるようになるので、初めは「よく知っている曲」や「好きな曲」を選べば良いのですが、「なるべくアレンジを加えず、可能な限り原曲通り叩きたい」という場合、「テクニック的に
Read More

『Kill the King』レインボー ツインペダルらしい、16分音符の連打が出てくる曲。出てくるのはギターソロの時だけなので左足の移動も少ないですし、比較的やさしいテンポなのでとっつきやすいかと思います。16分音符を
Read More

○『黎明スターライン』アイドルマスター バンダイナムコエンターテインメント社から発売されているゲーム『アイドルマスターシリーズ』の楽曲です。テンポの速い3連系の楽曲ですが、シャッフル・ビートのような3連付の中抜きではなく
Read More

オープンハンド奏法を上達させるには

以前『オープンハンド奏法のメリット、デメリット』という記事で、オープンハンド奏法がいかにデメリットか多い叩き方であるか酷評しました。しかし、中には「わかっちゃいるけど魅力があるし、挑戦したい」という反応がありました。そこ
Read More

ドラムで強弱をつけるコツ

小学校の音楽の授業では、「フォルテ」や「メゾ・フォルテ」といった強弱記号を習います。これは文字通り、音の強弱を指示する記号で、フォルテ(f)がつけばつくほど強くなり、ピアノ(p)がつけばつくほど弱くなります。また、メゾ(
Read More

動画撮影時に使用している機材

◯撮影用iPhone 以前使っていたアップル社のiPhone 5cのカメラを使用しています。外付けのマイクやライン録音は使わず、内臓マイクのみで集音しています。バッテリーが劣化しており、カメラを起動すると1時間ももたない
Read More

ドラムスティックの回し方【後編】

前回(『ドラムスティックの回し方【前編】』)は、最もポピュラーなスティックの回し方について解説しました。今回は別の回し方をいくつか紹介します。 〇縦回転 人差し指や中指を軸に、スティックを縦方向に回転させるテクニックです
Read More

ドラムスティックの回し方【前編】

読んで字のごとく、ドラムスティックを回転させる技術のことです。演奏時に使える実用的なものもありますが、基本的にはパフォーマンスを目的としたテクニックです。基本的に回し方はペン回しと同じですが、ペンよりも大きく重量もあるた
Read More

音楽にもたらす、音楽外の影響

ミュージシャンで、「自分は音楽外のものから影響を受けて作品を作っている」という風なことを言っている人がいました。音楽から影響を受けて音楽を作るのは「オマージュ」や「パロディ」と呼ばれるので、当たり前といえば当たり前のこと
Read More

カウントの出し方【後編】

前回(『カウントの出し方【前編】』)の続き。 ◯ダブル・カウント 1小節使うシングル・カウントに対し、こちらは2小節使って合図を出す方法です。テンポの速い曲やアウフタクト(弱起)の曲、拍数の少ない曲など、シングル・カウン
Read More

カウントの出し方【前編】

ピアノやギターのリフ、ボーカリストの独唱から始まる楽曲も珍しくありませんが、全員が一斉に音を出して始まる楽曲をライブで演奏する時は、「ドラマーのカウント」で始めることが多いです。テンポをコントロールするのがドラマーの仕事
Read More

ジャズを教えてくれた人

櫻井が通っていた専門学校は、ジャズ音楽を中心とした指導と教育で有名です。櫻井もジャズが学びたくて入学したのですが、一番学びたかったビバップ(1940年代のジャズ)に関する授業は仕事(新聞配達)の都合上、選択できませんでし
Read More

チェンジ・アップ【応用編】

前回(『チェンジ・アップ【基礎編】』)は、1から5まであるチェンジ・アップをすべて「シングル・ストローク(左右交互)」で叩きました。各音符がどういったキャラクターを持っているか、ある程度理解したら別の叩き方に挑戦してみま
Read More

チェンジ・アップ【基礎編】

ドラム演奏の基礎練習の1つで、叩く音符を変化させていくトレーニングのこと。スティック・コントロールの練習にもなりますが、主たる目的は「音符の理解」です。そのため、「足でカウントを取りながら叩くこと」と「ゆったりとした速度
Read More