櫻井ティモ

高校でドラムを始める。都内でのバンド活動、キリスト教会での賛美隊を経て、甲陽音楽学院神戸校(神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校)へ入学。同校卒業後、奨学金を得てアイルランドのニューパーク音楽大学へ留学。ドラムだけでなく、作曲、音楽理論、音楽史、教育学、ミュージックビジネスなど、幅広い分野を学ぶ。2014年、作曲を含むすべての実技科目で首席を取得し、同大学の音楽学士コースを卒業。
帰国後、島村楽器音楽教室にて講師活動を開始。週に100人を超える生徒を指導する。ジャズ・セッションのホストやバンドのサポートといった演奏活動の他に、ブログの執筆やYouTubeの動画投稿など、多岐にわたる活動をしている。
大阪江坂のキリスト教会賛美隊に所属。ドラムだけでなく、ギターやベースのサポートも務めている。

吹奏楽部と軽音部の違い

どちらも音楽系の文化部で、学校内でドラムを叩ける部活動です。櫻井はどちらも所属したことがありませんが、生徒様の話を聞く限り、以下の特徴がみられます。 〇吹奏楽部 小学生から高校生まで管楽器を含む大所帯のバンド編成(ビッグ
Read More

コロナ騒動の渦中の話

この記事を書いているのは4月の中旬、日本で緊急事態宣言が出され、世の中が混沌としている真っ直中です。これがアップされる予定の6月には事態が収束していることを願って、ちょっとした笑い話を。 世界中で猛威を振るった病気ですの
Read More

屯

「駐屯地」の「とん」の一文字で「たむろ」と読みます。「屯する」という言葉があるように、人が集まって群れを成している様子を表した言葉です。冒頭の「駐屯地」は、軍や自衛隊がたむろしている場所、と言うわけです。「中高生が屯する
Read More

バスドラムに穴が開いている理由

バスドラムの正面部分(客席側)には、意図的に穴が開けられていることがあります(上図参照)。真ん中に大きく開いている場合もあれば、端に小さく開いている場合もあります。この穴は空気穴のようなもので、バスドラムの音色を変化させ
Read More

緑のユニフォームが少ない

普段からあまりスポーツを見ないせいか、チームカラーを緑にしている団体があまり思いつきません。ヴェルディ川崎か、黄緑を入れてもベルマーレ平塚くらいです。野球の球団では1チームもない気がします。世界でも、こないだ日本で行われ
Read More

ブルースのドラム

ブルースはアメリカ発祥の音楽で、ロック音楽やジャズ音楽の源流となった「ポピュラー音楽の祖」と呼べる音楽ジャンルです。ひとくちにブルースと言っても様々な種類があるのですが、一般的には以下の要素を含んでいる楽曲を指します。
Read More

『Kill the King』レインボー ツインペダルらしい、16分音符の連打が出てくる曲。出てくるのはギターソロの時だけなので左足の移動も少ないですし、比較的やさしいテンポなのでとっつきやすいかと思います。16分音符を
Read More

作曲する時に意識していること

○相手のニーズに応える 作曲する理由のほとんどは「誰かに聞かせるため」です。その対象はファンだったり、依頼主(発注先)だったり、先生だったり、あるいは、自分自身だったりするでしょう。聞かせる相手がいる以上、そこにはニーズ
Read More

レコーディングの耳

バンドでも、シンガーソングライターでも、アイドルでも、音楽を商品として売る方法は「生演奏(いわゆるライブ)」を除けば「レコーディング(録音)」しかありません。かつてはレコードやCDといった媒体に録音したものが販売されてい
Read More

櫻井には「ティモ犬さん」という自作のキャラクターがいます(参考『ティモ犬さん』)。「ティモ・ドラム・レッスン」の看板犬として活躍している彼ですが、ある時、友人に「ティモ犬さんのLINEスタンプを作って欲しい!」と言われた
Read More