櫻井ティモ

高校でドラムを始める。都内でのバンド活動、キリスト教会での賛美隊を経て、甲陽音楽学院神戸校(神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校)へ入学。同校卒業後、奨学金を得てアイルランドのニューパーク音楽大学へ留学。ドラムだけでなく、作曲、音楽理論、音楽史、教育学、ミュージックビジネスなど、幅広い分野を学ぶ。2014年、作曲を含むすべての実技科目で首席を取得し、同大学の音楽学士コースを卒業。
帰国後、島村楽器音楽教室にて講師活動を開始。週に100人を超える生徒を指導する。ジャズ・セッションのホストやバンドのサポートといった演奏活動の他に、ブログの執筆やYouTubeの動画投稿など、多岐にわたる活動をしている。
大阪江坂のキリスト教会賛美隊に所属。ドラムだけでなく、ギターやベースのサポートも務めている。

なるべく汗をかきたくない

ドラムは両手と両足を使う楽器ですので、疲れやすい楽器と思われがちです。実際は指先、手首、足首といった関節部分をわずかに動かしているだけなので、スポーツ選手のような運動量には至りません。多くの場合、ドラマーが汗をかく原因は
Read More

バンド漫画でありがちなこと

○ボーカリストの声が出なくなる 病気や事故といったケースもありますが、大半は精神的な理由で歌えなくなります。そして、ファンや好きな異性のおかげで回復します。 ○楽器の弾き過ぎで怪我をする 「演奏できないなら死んだ方がマシ
Read More

無料でドラムの教材、配布します。

櫻井はレッスンで自作の教材を使用しています。作り始めた当初は、勤めている楽器店のレベル分けに沿って3冊作るつもりでしたが、結局7冊になりました。それぞれの概要は以下の通りです。 ティモ・ドラム・レッスン①〜入門編〜 各部
Read More

教会で演奏し始めたきっかけ

櫻井はクリスチャンで、日曜日は教会のワーシップ・バンド(賛美隊)で定期的に演奏させてもらっています。「教会で演奏」というと、パイプオルガンを使った荘厳なクラシック調の曲や、たくさんのクワイア(聖歌隊)に囲まれたゴスペル調
Read More

ハードウエアを選ぶ時の基準

ハードウエアは、ドラム・セットに使われる楽器をマウント(セッティング)するために必要な、金属製の支柱やパーツ類のことです。主なハードウエアには、シンバルを支えるシンバル・スタンド、スネアを支えるスネア・スタンド、タムを支
Read More

これは唯一の長所かもしれない

櫻井は不器用で、大抵のことが人並みにできません。「長所は?」と訊ねられても、「嫁が美人」と答えていました。よくよく考えてみればこれは妻の長所です。相対的に見ればドラムが叩ける方かもしれません。 ○こわいもの知らず そんな
Read More

あなたの得意な勉強法がわかる心理テスト

とある心理士の友人に、こんな心理テストを出されたことがあります。 あなたが「海」で連想するものを、できるだけ細かく書き出してください(図やイラストを使っても構いません)。 しばらく考えてから、続きをどうぞ。 ○3つの記憶
Read More

ロックの6カ条

○楽器を裸のまま放置する ふとんの上に投げ出しておきましょう。 ○ずれたチューニングを気にしない 多少ずれていても誰も聞いていません。 ○ボリュームを10にして演奏する サウンドチェックの時は1にしておきましょう。 ○2
Read More

もしも本屋で流れていたのがモーリス・ラヴェルだったら

櫻井がジャズに、ひいては音楽に興味をもったきっかけの1つが、本屋のBGMでした。幼少のころ、いつもゲームの雑誌を立ち読みしに行っていて、そこで流れていたビル・エヴァンスを聞いてジャズにのめり込み、彼の『ポートレート・イン
Read More

サンドラ飼育日記

以前に『ジャズベかプレベか』で紹介した、エレキベースの「サンダードラゴン」、通称「サンドラ」を買って幾ばくか経ちました。軽いお手伝いのつもりで買ったのですが、今ではギターと同じくらい、弾く機会が多く与えられています。この
Read More