5,000円札は与謝野晶子だと思っていた

Pocket

顔と名前が一致しないことが多々ある。樋口一葉も与謝野晶子も読んだことがないので、大まかに「女性作家」としか覚えていないせいだろう。「君死にたまうことなかれ」みたいなタイトルの作品があるのは知っているけれど、どっちが書いた作品かは知らない。タイトルじゃなくて作品中の名言だった気もするし、もしかしたら全然違う人の作品かもしれない。

女性作家で真っ先に思い浮かぶのはアガサ・クリスティとP・D・ジェイムズだけど、イギリス人なので日本札に採用されるのは難しいし、そもそも顔を知らない。新渡戸稲造は「武士道」を読んだことがあるせいか、顔も名前も一致している(フルネームを漢字で書けと言われたら書けないけれど)。日本の女性作家で名前も顔も一致しているのは、宮部みゆきとよしもとばななくらいか。作品もいくつか読んでいる(フルネームも書ける)。

野口英世に関してもよく知らない。医者か何かだったと記憶しているのだけれど、夏目漱石、新渡戸稲造、福沢諭吉、与謝野晶子、じゃなかった、えっと、樋口一葉と、紙幣に印刷されている人が全て作家であることから、野口英世も作家なのかもしれない。それ以前に、このブログを書くまで「野口英夫」だと思っていた。過去の例を見ると聖徳太子や伊藤博文がいるので、政治家という可能性も捨てがたい。

紙幣の肖像を定期的に変えるのは、偽造防止のためだろう。どのくらいの周期で肖像を変えるかわからないけれど、今の肖像に変わった時、櫻井は中学生で、それまで肖像が変わったことはない。つまり、少なくとも15年より長い周期であることがわかる。仮に30年周期とすると、紙幣1種につき100年で4人、200年で7人だ。200年前、1800年代の日本というと、ペリーの黒船来航とかその辺の時代である。そんな昔から紙幣があったとは考えにくい。となると、20年周期くらいが妥当ではないか。

これが当たっていれば、次に肖像が変わるのは5年くらい先である。新しい肖像は、誰が選ばれるのだろう。誰でも知っている作家となると、芥川龍之介や太宰治が思い浮かぶけれど、どちらも死因が死因なので候補に挙がらない気がする。この際2,000円札に倣って、歴史的建築物を採用するのはいかがか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA