麻雀

Pocket

高校の頃、教室のドアを開けると、後輩たちが雀卓を持ちこんで麻雀をやっていたことがあります。どうやら後輩の1人が麻雀にハマったらしく、本を読んでテクニックを身に付けたそうなので、実際にやってみたかったようです。ちなみに、櫻井の高校はこういうことが許される学校でした。職員室で某RPGの有名なキスシーンを鑑賞していた同級生もいました。かくゆう櫻井も、職員室でギターを弾いておりました。

麻雀はもともと中国のボードゲームです。本場とは多少ルールが異なりますが、トランプのポーカーのように、14枚の牌(パイ)を用いて役を作ります。牌には、1から9まであるマンズ、ソーズ、ピンズ、風牌と呼ばれる東・南・西・北
、字牌と呼ばれる白・発・中
、計34種が4枚ずつあります。役はポーカーと違って少し複雑ですが、ストレートのように1、2、3と続く組み合わせ(シュンツ)か、スリーカードのように1-1-1と同じ種類の組み合わせ(コーツ)という3枚1組(メンツ)を4つに、同じ種類の牌を2枚(ジャントウ)を加えた、4メンツ1ジャントウ(3枚+3枚+3枚+3枚+2枚)が基本的な役の形となります。

ポーカー同様、麻雀も運の要素が強いのですが、ポーカーでいう「カードを切って山札からドロー」する機会が、麻雀には1ゲーム中に最大18回ありますし、相手の捨て札を読んで待ちを予測する心理戦の要素もわずかにあります。トランプのスピードほどではないにせよ、大貧民よりは実力によって左右されると言えるでしょう。このため、勝てば「俺って実力あんじゃん」と喜べますし、負ければ「運がなかった」と言い訳できます。

櫻井がよく狙う役は、タンピンが最も多く、白発中や風牌を絡めたトイトイやホンイツを使ってやや高めの早上がりや、三色や一盃口で高めの両面待ちを狙っています。平均和了得点は8,000点を少し下回るくらいなので、手堅く点数を稼ぐ典型的なA型麻雀と言えます。周りでこういった話をできる人がいないため、自分の実力がどの程度かわかりませんが、点数計算もできませんし、捨て牌の読みも甘いので、まだまだ初心者だ、と自己分析しています。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA