麻雀

Pocket

高校の頃、教室のドアを開けると、後輩たちが雀卓を持ちこんで麻雀をやっていたことがある。麻雀牌もちゃんとしたやつ。どうやら後輩のひとりが麻雀にハマったらしく、本を読んで色々とテクニックを身に付けたので、友人を誘って実際にやってみたかったようだ。ちなみに、櫻井の高校はこういうことが許される学校だった。職員室で某RPGの有名なキスシーンを鑑賞していた同級生もいた。かくゆう櫻井も職員室で貸出用のギターを弾いていたりする。

とにかく、麻雀の話。元々は中国のボードゲームだけれど、本場とはルールが多少異なる。最も近いゲームはトランプの「ポーカー」だと思う。5枚のカードの代わりに14枚の牌(パイ)を用いて、役を作る。牌には、

○1から9まであるマンズ、ソーズ、ピンズ
○風牌と呼ばれる東・南・西・北
○字牌と呼ばれる白・発・中

計34種が4枚ずつある。役はポーカーと違って少し複雑だけれど、ストレートのように1、2、3と続く組み合わせ(シュンツ)か、スリーカードのように1-1-1と同じ種類の組み合わせ(コーツ)という3枚1組を4組、加えて同じ種類の牌を2枚(ジャントウ)を加えた4メンツ1ジャントウ(3枚+3枚+3枚+3枚+2枚)が基本的な役の形となる。

ポーカーと同様、麻雀も運の要素が非常に高いのだけれど、カードを切って山札からドローする機会が、1局(1ゲーム)に最大18回あるし、相手の捨て札を読んで、待ち牌を予測するといった心理戦の要素も少しあるので、スピードほどではないにせよ、大貧民よりかは実力によって左右される部分がある。このため、勝てば「俺って実力あんじゃん」と喜べるし、負ければ「運がなかった」と言い訳できる。結構面白いゲームだと思うのだけれど、ポーカーは割と「格好良い」とか「お洒落」というようなイメージを持たれることに対し、麻雀は「汚い」とか「暗い」といった印象を持つ人が多いこともあってか、トランプほど市民権を獲得していない。

経験者向けの話を少し。自分の役の傾向を見てみると、物凄く無難だけれどタンピンが最も多い。あとは、白発中や風牌を絡めたトイトイやホンイツのやや高めの早上がりや、当たれば三色や一盃口で高めの両面待ちを狙ったりすることが多い。平均和了得点も8,000点を少し下回るくらいなので、手堅く点数を稼ぐ、典型的なA型麻雀なのでは、と思う。周りにこういう話をできる人がいないので、自分の実力がどの程度なのかわからないけれど、点数計算もできないし、捨て牌の読みも甘いので、まだまだ初心者レベルだろうな、と自己分析している。

ちなみに、櫻井のやってみたいことのリスト(参考「一度でいいからやってみたいこと」)に「天和」と「緑一色」と書いてあるけれど、この2つはポーカーでいうところの、ロイヤル・ストレート・フラッシュに相当する、最高役の一種である。天和は、まあギャグみたいな役なのだけれど、緑一色は綺麗な役だ。他にも清老頭とかも渋くて好き。逆に国士無双や小四喜は同じ役満でもあまり好きじゃない。この辺もやっぱりA型っぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA