高いイスでリクライニングした結果

櫻井の仕事は楽曲のコピー、譜面や教材の製作、ブログの執筆など、パソコンを使うものが多いです(参考『音楽講師の1日』)。ドラム演奏も含め、仕事の時はほとんどイスに座って過ごしています。席でじっとしていなければならない学生に比べたら大した時間ではありませんが、長時間続けていれば身体に響いてきます。

妻に「姿勢が悪い」と指摘されたこともあり(参考『正しいドラムのフォームについて』)、身体の負担になりにくいイスはないかと家具屋へ行ってきました。1脚4、5万円するようなイスを片っ端から試していったところ、ものの数分で気分が悪くなりました。というのも、良いイスはリクライニング機能が優秀で、まるで宇宙空間のような浮遊感を味わえるのです。「ちょっと座って休憩を……」と息も絶え絶えに避難場所を探すのですが、どのイスも宇宙空間に繋がっていて休憩どころではありません。結局、一番落ち着いたのはその店で一番安いイスでした。

以前『右折ウィンカーを出しつつ左折』で「三半規管が弱いのかと言えばそうでもなく」と書きましたが、ここ数年で三半規管は大幅に弱体化したように思えます。1人称視点のゲームは10分くらいで吐きそうになりますし、電車で文字を読んだり書いたりするのもしんどくなってきました。三半規管を鍛えるには「でんぐり返し」が良いそうです。昔は平然とできていたことですが、今は想像するだけでも恐ろしいです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。