音楽性の違いとは

Pocket

バンドが解散する理由に「音楽性の違い」という言葉がよく挙げられる。メンバーはそれぞれ「音楽性」を持っており、これがバンド内で合致しないとバンドを続けることができないらしい。この音楽性とは一体何か。まず、辞書で引いても音楽性という言葉は出てこない。「性」という言葉には「名詞の下に付いて、その性質・傾向をもっていることを表す」という意味がある。「弱酸性」は「弱い酸の性質を持っていること」であるし、「単一指向性」は「単一方向へ向かおうとする傾向を持っていること」だ。

すなわち音楽性とは、「音楽の性質・傾向を持っていること」である。重要なのは、「対象が音楽という性質・傾向を持っている、という説明」であって、「対象がどのような性質・傾向の音楽を持っているか、という説明」ではない、という点である。少し難しいだろうか。たとえば、前述の「弱酸性」はボディソープなどに使われる言葉だ。「弱酸性ボディソープ」は「弱い酸の性質を持ったボディソープ」という説明であって、「このボディソープの弱酸性はpH(ペーハー)4.2です」という説明ではない。ボディソープが持っている弱酸性がどのようなものか説明するためには、例のような’pH’ や「肌に優しい」といった別の言葉が必要になるわけだ。

上記のボディソープをミュージシャン、弱酸性を音楽性に置き換えてもらいたい。ミュージシャンは音楽を演奏する人のことなのですべからく音楽性を持っているが、「どのような音楽性であるか」という説明をするには別の言葉が必要になってくる。「僕の音楽性はロックです」や「私の音楽性は静かで心地良いです」といった具合だ。繰り返すが、音楽性という言葉は飽くまで「対象(この場合ミュージシャン)は音楽という性質・傾向を持っている」という説明に過ぎない。

以上のことから「音楽性の違い」という言葉は、日本語として間違っていることがわかる。違うのは音楽性ではなく、趣味嗜好であって、その場合、どこがどう違うのか説明不足は否めない。違いのわかる大人になりたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA