電子レンジでイカを温めると必ず爆発するのは何故か

Pocket

ネットで検索すれば一発で答えが判明するだろうけれど、ここはひとつ、イマジネーションに任せて色々と考察してみたい。そもそも、電子レンジがどういう仕組みで物を温めているのかよくわかっていない。名の通り「電子」で温めているのだろうな、という想像はできる。やや安直だけれど、「電気」と響きが似ていることから、「電気的な何かの力によって物質を温めるシステム」が搭載されていることが予想できる。そういえば、「感電」というものがあるが、これは「高レベルの電気が流れることで物質が燃焼する現象」と記憶している。以上のことから察するに、電子とは比較的低レベルの電流のことで、それを意図的に発生させることで物質を燃焼させる=温めることができる、と思われる。

「電子」の次は「レンジ」について考えてみよう。レンジとは、「範囲、領域」という意味の英語である。低い音から高い音まで出せる楽器を「レンジが広い」と言うことがあるが、この場合のレンジは「音域」を表している。電子レンジはそのまま「電子領域」と考えていいだろう。電子によって物質を温める領域のことが電子レンジなのだから、我々がいつも「電子レンジ」と呼んでいるあの器械自体は電子レンジではなく、正確には「電子レンジ発生器」であることがわかる。便宜上、本記事においては電子レンジ発生器=電子レンジ、電子レンジ=電子領域と表記させていただく。

電子レンジには「温めてはいけない物質」が存在する。まず1つは、「金属」である。誤って何度かアルミホイルを温めようとしたことがあるけれど、異音と共に電子領域が青白く発光したため、即座に使用を中止した。長時間試したことはないけれど、あれは電子レンジを爆破しかねない危険なものである。しかし、何故金属を温めることができないか、理由は不明だ。もう1つは、「空気」である。コンビニで買ったパンを、封を切らずにそのまま電子レンジで温めると必ず爆発する。これについては何となく察することができる。というのも、空気は熱を与えると膨張する、と知っているからだ(ただし、正確ではない、という予感もある)。潰れたピンポン玉を湯煎すると復活するのと同じ現象である。

本題に入ろう。イカは、電子レンジで温められないわけではない。青白く発光するわけでもないので、イカは金属ではない、ということがわかる。温めると必ず爆発するのは、空気を膨張させるのに酷似している。ゆえに、イカは空気の一種である、と考えられる。視認できるし、箸で掴むこともできるが、イカは空気なのだ。ひょっとしたら、イカは胃で消化されず、肺で吸収されているのかもしれない。寿司ネタの「イカ」は、シャリだけ食べているのに等しい、ということになる。となると、「イカスミ」って一体なのだろう。イカが凝縮したものだろうか。では、イカスミが凝固したら何になるのだろう。謎は尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA