野菜

Pocket

社会人のころ、食費の節約と「なんだか格好良いから」という理由でベジタリアンになろうとして、1日の食事を全てレタスだけにしようとしたことがある。ドレッシングなし、丸かじり。結果、目まいが止まらなくなって仕事どころでなくなった。しかも、よくよく考えてみれば野菜は高いし、大して節約にならない、と気が付いたため、1日ももたなかった。

子どもにとって野菜は敵である。「とうもろこし」や「じゃがいも」といった甘みのある野菜は大丈夫でも、「ピーマン」のように苦味のある野菜は大抵嫌煙される。大人でも「セロリ」が食べられないという人がいるが、やはりこれも苦い野菜。育ってきた環境が違うから、好き嫌いは否めない。味というより匂いが駄目、という理由で「しいたけ」も不評である。櫻井の好きな野菜、というか好きな食べ物ベスト3に入るであろう「なす」も、子供にとってはワースト3に入るほどの不人気っぷり。なぜ。ちなみに、櫻井の苦手な野菜は「トマト」。さらにちなむと「トマト」は、「なす」と同じナス科ナス属。赤いか紫かだけですごい差である。

野菜に限らず、子供のころに苦手だったものが大人になって食べられるようになる、というのはよくあることだ。櫻井も幼いころは「サラダ」が苦手だった。生野菜が好きじゃない、というのもあったけれど、実は「ドレッシング(お酢)」が駄目だった。ところが、高校生になってアルバイトを始めたくらいから、むしろ大好物になっていった覚えがある。あまりに好き過ぎて毎日食べたいくらいだったのだけれど、お金がないので自分で買って食べるのは稀で、しかも買うとしてもコンビニのサラダだった。そのため、当時の櫻井にとってコンビニのサラダは贅沢品であり、「好き」の代名詞になっていた。しかし、櫻井が最上級の愛を込めて「コンビニのサラダくらい好き」と言ってもなかなか相手に伝わらないのが難点だった。

今でもコンビニのサラダは好物である。ドレッシングも青じそ、和風、イタリアン、シーザー、ごまだれ、なんでも食べられるようになった。櫻井を喜ばせたい、という心優しい下心をお持ち方は、コンビニのサラダを買ってくることで解決する。ただし、トマトが苦手だ、ということをお忘れなく。食べられないことはないけれど、終始「トマトか…」と呟くこと請け合い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA