講師の影響とは、いかなるものか

Pocket

私用で1ヶ月ほどレッスンを休んでいた生徒様が久しぶりにレッスンに来たところ、休む前とは比べものにならないほど上達していたことがあります。叩けなかったフレーズが叩けるようになっていましたし、まだレッスンでやっていない部分まできちんと予習していました。

ある生徒様は、腕を骨折して1ヶ月間レッスンを休むことになりました。怪我をしているから、当然ドラムの練習はできません。それにも関わらず、休み明けのレッスンでは以前と変わらない演奏をしてみせたのですまだ何も教えていないのに、譜面を渡した翌週にはもう叩けるようになっている生徒様もいます。

このように、講師抜きで上達する生徒様がいます。こういったケースに出くわすと、講師の影響とはなんと微々たるものかと思い知らされます。影響と言うと、「格好良い」とか「素敵」といった好意的なものがまず思い浮かびますが、「嫌い」や「苦手」という「反発」も影響の一種です。生徒様に好かれるのが目的であれば好意的なものだけを狙えば良いですが、すべての生徒様に好かれるのは、たとえ神様になったって不可能でしょう

櫻井はどちらかと言えば保守的な教え方をしているため、自由で創造性に富んだ演奏が好きな人にとってはストレスになるかもしれません。しかし、それはそれで良いと櫻井は思っています。「こんな保守的なミュージシャンにはなりたくない!」と生徒様が反発すれば、もっと革新的なミュージシャンになれるでしょう。大切なのは反発を起こさないことではなく、反発を起こした後のフォローではないでしょうか。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA