英語に慣れる、ということ

Pocket

たまに英語を使っていると、「ティモ、英語喋れるじゃん」と勘違いする人がいる。また、英語圏の国へ2年間留学していたことを話すと、「じゃあ英語ペラペラですね」と誤解する人は多い。改めて言っておくけれど、櫻井は英語が喋れない。「ハロー」とか「シーユー」くらいは喋れるけれど、この場合の「喋れない」とは、「英語を使ったコミュニケーションができない」という意味だ。ただ、英語が喋れなくとも、それなりの解決法がある。それが、「英語に慣れる」ということである。

たとえば、「相手の言葉が100パーセントわからない」という状態。

「$#★〒&$ ●★〒☆&& $#★ 〒☆?」

単語がひとつも聞き取れない文章にも、ヒントがある。記号に埋もれてわかりづらいけれど、語尾に「?マーク」がついており、会話中では「語尾を上げる」という表現になる。つまりこの文章は、「相手があなたに対して何かを訊ねている」と察することができる。問題は「何を訊ねているのか」だけれど、言葉がわからない以上、当てずっぽうに頼るしかない。

その当てずっぽうをより正確にするために必要なのが、「シチュエーションを読む」ということ。もしこの会話がレストラン内で、まだオーダーしていない状態で行なわれたならば、十中八九「メニューに関すること」と思っていい。メニューに関する疑問文でポピュラーなものは、「オーダーは決まったか」「好きな食べ物は何か」だろう。席についてしばらく経ってからなら前者、すぐなら後者の可能性が高い。前者の場合、何を頼むか決まっているなら、メニューを指差して「ディス」。決まっていないなら「ノー」と答える。後者の場合、’I like –‘ などと説明する必要はない。「日本食(ジャパニーズ・フード)」「魚(フィッシュ)」といった一言で十分だ。それでまた何か疑問文を突きつけられたなら、「どんな日本食が好き?」「どういった魚料理が好き?」と予想できる。

また、「疑問文ではないけれど、何か言っている」という相手には「イェ」「アハン?」とだけ繰り返しておけばいい。感情的に、大げさな表現をしているな、と判断したなら「ワオ」も効果的だ。くれぐれもしてはならないのは「もう1回言って」と頼むことだ(「プリーズ、セイダゲン」「ワンモアタイム、プリーズ」)。それをするのは英語に興味がある人だけでいい。

わかる単語がゼロの状態でここまで読めるのだから、単語が1つわかるだけで、当てずっぽうの精度は飛躍的に上がる。わかる単語を一つ見つけ、それを膨らませることに挑戦するのもいいかもしれない。アイルランドのパブで「〒〒&$ ●★☆ ギネス?」と訊かれたら、「ギネスは好きか」「ギネスを知っているか」と想像する。どちらもイエスかノーで答えられる質問だ。失敗したと思ったら、もう一度考え直す。そもそも当てずっぽうなのだから、当たればラッキー程度に思っておけば良い。

「空気を読む」という日本語があるけれど、シチュエーションを読む、ということは、そんな抽象的なものではない。重要なのは、可能な限り具体的に状況分析することである。誰が、いつ、どこで、その台詞を言っているか。自分は今、どういった環境に置かれているのか。相手はどうせいてその台詞を言っているのか、思考をトレースすることも必要だろう。慣れる、というのは感覚的なものではなく、理性的な行動の上に成り立つ、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA