聖書の見方が変わってきた

Pocket

旧約聖書の中に「エレミヤ書」という文書がある。祭司の子エレミヤが神様の言葉を預かり賜る「預言者」となって南ユダ王国が滅ぶことを預言する、というのが大まかなあらすじである。

その1章では、神様がエレミヤの前に現れて「実を言うと君、わしの代弁者やねん」とカミングアウトし、エレミヤが「あかんて! そないことできひんし! わてはまだ20歳そこらのガキんちょやで!」と驚き、辞退しようとするシーンがある(エレミヤ1:4、6)。若さゆえに、そんな大役は引き受けられないと考えたのだろうけれど、神様の返事は「いけるて。わしがついとるし、面倒みたるわ」という励ましだった(エレミヤ1:8)。

以前はこのシーンを「神様はいつも励ましてくれる」と読んでいたのだけれど、最近読んだ時は「自分は若い人を励ませているだろうか」と考えるようになっていた。前者はエレミヤ視点、後者は神様視点である。加齢とともに感情移入する対象が変わってきたのだろう。無意識のうちに、若い時は若いエレミヤに惹かれていて、年を重ねた今は大人の視点でエレミヤを見ているのだと思う。

そう考えると、人は自分と近しいものに惹かれていくのかもしれない。「同族嫌悪」というネガティブな言葉もあるが、これも引き寄せられている例ではないか。逆を言えば、多くの人に好かれている人は、それだけ多くの人と近しい存在になれる、ということだ。「国民的アーティスト」と呼ばれる人たちは若者にもなれるし、大人にもなれるのではないか。

また、自分と近しいものに惹かれるということは、惹かれるものに自分を見出すこともできるはずだ。なりたい自分になるために必要なのは、なりたいものに惹かれることである。キリストのようになるために、キリストを愛するのは避けて通れない、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA