緊張

Pocket

実は先月、パフォーマンス試験の4日前くらいから体調を崩し、ほとんど何も口にできない状態だったのだけれど、演奏し始めると途端に具合が良くなり、翌朝には何事もなかったかのように全快した、ということがあった。体調不良の原因として「試験前で緊張していたんじゃない?」と指摘されたけれど、まったく自覚がない、すると、「自覚がない人ほど身体に影響が出やすい」とのことらしい。もし本当なら、対処しようがないので、今後もこういうことが続いていくのかもしれない。

緊張とは、「張り詰めた状態」であること。言い変えれば「余裕がない状態」のことである。余裕がなくなる最大の原因は「準備不足」であり、つまり、緊張する人は準備ができていない人、ということになる。キリギリスが冬を越せないのは至極当たり前の話である。「万が一ハプニングが起きたら」という将来への危惧が緊張に繋がることもあるかもしれないけれど、大抵のハプニングは事前に把握できる(=対処法を準備できる)し、そうでないハプニングは自身の力ではどうしようもないので、危惧する必要はない。それでも危惧してしまうなら、それもまた準備不足と言わざるを得ない。

パフォーマンスする際は「適度に緊張するのが良い」とされている。僕もそう信じていたのだけれど、昨年、物凄いモチベーションを下げたまま惰性でやってしまった試験が、学年で断トツという結果になったことがあり、「コンディションと結果は無関係」と思うようになった。緊張しようとしまいと、本番で発揮できないような実力は、その人の実力ではない。

蛇足。体調を崩していた時、「食欲がないから食べない、つまり食費が減る!」と最初はわーいわーい思ってたのだけれど、それが3、4日も続くと体調的な面より心理的な面でしんどくなる、ということがわかった。思った以上に食事の喜びは大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA