緊張

Pocket

実は先月、パフォーマンス試験の4日前くらいから体調を崩し、ほとんど何も口にできない状態だったのですが、演奏し始めると途端に具合が良くなり、翌朝には何事もなかったかのように全快した、ということがありました。体調不良の原因として「試験前で緊張していたんじゃない?」と指摘されましたが、まったく自覚がありません。すると、「自覚がない人ほど身体に影響が出やすい」と言われました。もし本当なら、対処しようがないので、今後もこういうことが続いていくのかもしれません。

緊張とは、張り詰めた状態のことを指します。言い変えれば、余裕がない状態のことです。余裕がなくなる最大の原因は準備不足であり、つまり、緊張する人は準備ができていない人、とも言い換えられます。「万が一、ハプニングが起きたらどうしよう」という将来への危惧が緊張に繋がることもあるかもしれませんが、大抵のハプニングは事前に把握(対処法を準備)できますし、そうでないハプニングは自身の力ではどうしようもないので、危惧する必要がありません。それでも危惧してしまうなら、それもまた準備不足と言えるのではないでしょうか。

パフォーマンスする際は、適度に緊張するのが良いとされています。櫻井もそう信じていましたが、昨年、物凄いモチベーションを下げたまま惰性でやってしまった試験が、学年で断トツという結果になったことがあり、コンディションと結果は無関係と思うようになりました。緊張しようとしまいと、本番で発揮できない実力は実力と呼べないのかもしれません。

蛇足。体調を崩していた時、「食欲がないから食べない、つまり食費が減る!」と最初は喜んでいましたが、3、4日続くと体調的な面より心理的な面でしんどくなる、ということがわかりました。食事の喜びは思った以上に大きいようです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA