絶対音感

Pocket

自分の中に正確なピッチ(音の高低)を持っていることである。よく知られているのは、ピアノやギターのような楽音だけでなく、机を叩く音、ガラスが割れる音などの噪音も、ピッチとして認識できることである。あるミステリーでは、絶対音感の持ち主である犯人が、犯行現場にあった水槽のポンプとエアコンの音が不協和音に聞こえたため、ポンプの電源を切ってしまう、というエピソードがある。現実世界にも、砂利を踏む音を聞くと気分が悪くなるベーシストがいる。また、正確なピッチを持っているので、それをアウトプットすることもできる。つまり、何もない状態で「コンサートAの音ちょうだい」と言われても、(歌える喉さえあれば)発音できる。こっちの方が絶対音感とそうでない人の大きな違いだと思うのだけれど、あまり知られていない。

逆に、音痴とは、自分の中に正確なピッチを持っていないことである。ピアノやギターなどのピッチが明確な音を聞いても、それを認識できず、また、発音することができない。あるミステリィでは、音痴の探偵が、パイプ・オルガンの音を聞いて「パイプの中に異物がある!」と言ったり、プロ顔負けのバイオリンを披露したりしているが、現実には絶対にありえない。本人曰く、「歌うのは苦手だけど、耳だけは良いんだ」とのことらしいけれど、おそらく、耳で聞いているのではなく、空気の振動を肌で感じているのではないか、と推察できる。ただ、声だけで電話をかけられるほど正確なピッチを発音しているシーンもあり、この矛盾はどうやってもひっくり返せない。

そういえば昔、櫻井はB(シ)の音だけ聞きとれる「Bだけ絶対音感」というものを持っている、と自負していたことがある。聞きとれるといっても、せいぜいロング・トーンを3回に1回くらい当てられるくらいだったし、もちろん正確なBを発音できるわけでもない。これは当時、好きな娘のためにコピーしていたのがBのロング・トーンから始まる曲で、「Bの音が聞きとれるくらい聞き込んだぜ」という意味のジョークであり、本物の絶対音感とは大きく異なる。ちなみに、コピーしていたのはベースラインで、いまだに弾ける。更にちなむと、その恋は実らなかった。恋愛も音痴だったわけだ。ちーん(C)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA