素顔のままで、ありのままで、あるがままに

順にビリー・ジョエルの『Just the Way You Are』、アナと雪の女王挿入歌『Let It Go』の邦題と、ビートルズの『Let It Be』を和訳したものです。『Just the Way You Are』は何となく意味がわかりますが、どうして「Let It ~」で「~のまま」になるのでしょう。2年間海外へ行っていて、「Let’s + 動詞の原形」はよく耳にしましたが、「Let It~」は聞いたことがない気がします。

そもそも、言葉の分類は何になるのでしょう。「Go」「Be」と組み合わせて使用しているところをみると、助動詞でしょうか。でも、助動詞なら主語の後につけなければ疑問形なるはずです。この場合の主語は「It」ですから、「Let It Go」は、「それ、そのまま行くん?」となります。それとも、「I let it go」の「I」が省略された形なんでしょうか。ためしに「I let it go」をインターネットの英語翻訳機能で訳したところ、「私はそれを手放す」という意味になるそうです。つまり、「ありのままでいることは、手放すことである」ということになります。深い。ついでに「I let it be」も訳したところ「私はそれがであるとする」となりました。「名前を言ってはいけないあの人」みたいなニュアンスですね。

続いて、日本語の話題に移ろうと思います。「素顔のままで」「ありのままで」「あるがままに」の3つは、言葉は違いますが、本質的には「現状維持を促したもの」であります。たとえば、ビリー・ジョエルは「(他人に対し)新しいファッションを試したり髪の色を変えるんじゃない! 」というものですし、ビートルズは「しんどい時にメアリーさんが来て『そのままにしとき』って俺に言ってん」と、いずれも現状維持を促す(促された)歌です。

ところが「Let It Go」は違います。現状は「とまどい傷ついている状態」「誰にも打ち明けずに悩んでいる状態」ですが、「このままじゃダメである」、ひいては「それ(悩む行為)ももうやめるべきである」と、現状維持どころか、現状からの脱却を歌っているのです。つまり、歌っている人(松たか子ではなく、キャラクターの方)にとっては「とまどいもせず、傷つきもせず、悩んでもいない状態」こそが「本来の姿」すなわち「現状」であり、今の状態は「異常」である、と考えていることがわかります。

しかし、「とまどいもせず、傷つきもせず、悩んでもいない状態」が本当に本来の姿と言えるのでしょうか。実際、そのキャラクターはとまどい、傷つき、悩んでいるのです(でなければあの曲が歌われることはなかったでしょう)。それを無視してしまうのは、単に現実逃避しているだけではないでしょうか。この場合、「空へ風に乗る行為」や「飛び出す行為」より、誰かに現状を打ち明ける行為の方がよっぽど「ありのままで」と言えます。「2度と涙は流さない」とも歌っていますが、涙は流したい時に流すべきではないでしょうか



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。