知識と感覚

Pocket

知識とは、経験や言葉などによって既にたくわえられている情報のことである。一方、感覚とは5感、つまり、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を用いて得る情報のこと。食べる前から、「トマトは赤い」「トマトは美味しい」と知っているのが知識。今、トマトを見たり食べたりして、「赤い」「美味しい」と感じるのが感覚である。

どちらも同じ「情報」だけれど、違いがある。ひとつは、知識はセーブされた情報なのに対し、感覚はリアルタイムの情報である、ということ。過去に体験したこと、あるいは、未来に体験するであろう、という予測が知識で、現在進行形で体験しているのが感覚になる。自転車に乗る時、「ハンドルを切りすぎると転ぶ」「低速で走るとバランスが取りづらくなる」と知っていたり、「ハンドルをまっすぐにすれば転ばないのでは」「ある程度スピードを出せばバランスが取りやすいのでは」と予測したりするのが知識で、実際に自転車を運転するのが感覚だ。逆を言えば、知識で自転車を運転することはできないし、転ぶ前や傷が完治してから痛いと感じることはできない。

あと、知識には誤りがあるけれど、感覚は真であり、疑いようがない。「雪は青い」という知識は間違いだけれど、青いサングラスをかけて「雪は青い」と感じるのは間違いでない。また、知識は共有しやすいが、感覚を共有するのは難しい。これは、感覚がリアルタイム限定の情報で、形に留めておくことができないことに起因する。「カシミヤ製のマフラーは柔らかい」という知識は他者に伝えやすいが、「柔らかい」というのは感覚であるため、どう柔らかいかを他者に伝えるためには、実際に触らせるしかない。

一般的に、知識のある人は感覚が鈍く、感覚の鋭い人は知識に疎い。どちらかと言えば、男性や大人は知識優先、女性や子どもは感覚優先である場合が多い。「男は子ども」なんて言葉があるが、あれは「知識に疎い」というより、「感覚が鈍い」というのを揶揄したものであると思う。ちなみに、櫻井は男だけれど、やっぱり知識優先だと思う。感覚が鈍いどころか、常に自分の感覚を疑っているし、他人の感覚も信じていない。誰かが「○○って歌手が超良かった!」なんてつぶやいているのを見ると、「どこが?」と思う。非難ではなく、純粋な疑問である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA