Pocket

黒と同じ無彩色のひとつだが、寒色の一種なので、黒に比べてやや個性があると言える。光をすべて反射する色、ではなく、正しくは、光をすべて反射する色が人間には白色に見える、である。膨張して見える色なので、女子は白い靴を履けないそうだ。「足が大きく見えるから」、ということらしい。つまり、「美肌」と銘打って肌を白くしようとしている人は、体積を大きく見せたい、ということになる。それで「太った!」と騒いでいるのだから、なんというかもう、ご苦労様です、としか言いようがない。

白が持つイメージは「清潔」「安心」「信頼」「純潔」。医者が白衣を着ているのは、自分を大きくみせたいから、ではなく、清潔を保つため、という他に、患者に対して安心や信頼を与えるため、という理由がある。たしかに、黒衣を着た医者が両脇に立って「メス」なんて言ったら、犯罪の臭いしかしない。ブラックジャック先生が悪者に見えるのは、黒服のせいではないだろうか。花嫁が着るウェディングドレスも白で、これは純潔をアピールするため。最近は薄いピンク色のウェディングドレスも流行っているらしいが、ピンクが持つイメージを考えると、いささか問題があるのでは、とも思う。

日本で99歳を祝う「白寿」というものがある。これは、漢字の「百」という字から「一」という字を抜いて「白」、つまり「100-1=99」という、日本にしてはなかなかウィットに富んだ習慣のひとつである。よく似た漢字に「自」がある。白と自単体では間違えないけれど、「夏」とか「皆」とか、他の漢字の部首になると小学生は混同しやすい。他にも、「臼」という漢字がある。関東の某沿線には「臼井」と「白井」という二つの駅があって、漢字が似ている上に全くの別方向にあり、間違える乗客が多数出たため、「臼井」が「うすい」のひらがな表記になった。ちなみにその沿線には「~台」という駅名が多く、初めて使う人はまず間違えるし、いつも使っている人も正しくは乗れない。

英語だと「White」。日本語では「ホワイト」と読むが、実際は「ゥワイッ」の発音に近い。最後の「ッ」が重要で、これがないと「Why」になってしまう。「Write(書く)」と中学生は混同しやすい。くれぐれも「He whites the pepper」とか書かないように。また、日本には「ホワイトデー」というものがある。これは、バレンタインでチョコを貰った男子が、チョコを貰ったことを白紙にする、という恩知らずの日である。「え、お返し? なんのこと?」と白々しく言ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA