Pocket

黒と同じ無彩色の1つですが、白は寒色に含まれます。光をすべて反射する色、ではなく、正確には「光をすべて反射する色が人間には白色に見える」となります。膨張して見える色なので、「足が大きく見えるから」という理由で女子は白い靴を履けないそうです。つまり、「美肌」と銘打って肌を白くしようとしている人は、「体積を大きく見せたい」ということになります。それで「太った!」と騒いでいるのだから、なんというかもう、ご苦労様です。

白は「清潔」「安心」「信頼」「純潔」を連想させる色とされています。医者が白衣を着ているのは、自分を大きくみせたいから、ではなく、清潔を保つため、という他に、患者に安心や信頼を与えるため、という理由があるのです。たしかに、黒衣を着た医者が両脇に立って「メス」と言ったら、犯罪の臭いしかしません。ブラックジャック先生が悪者に見えるのは、黒服のせいではないでしょうか。花嫁が着るウェディングドレスも白で、これは純潔をアピールしているのです。最近は薄いピンク色のウェディングドレスも流行っているそうですが、一体何をアピールしているのでしょうか。

日本には99歳を祝う「白寿」があります。これは、漢字の「百」という字から「一」という字を抜いて「白」、つまり「100-1=99」という、日本にしてはなかなかウィットに富んだ習慣の1つです。また、「白」とよく似た漢字に「自」があります。白と自単体では間違えないけれど、「夏」とか「皆」のように、他の漢字の一部になると小学生は混同する傾向があります。他にも、「臼」という漢字があります。関東の某沿線には「臼井」と「白井」という2つの駅があって、漢字が似ている上に全くの別方向にあり、間違える乗客が頻出したため、「臼井」が「うすい」のひらがな表記になりました。ちなみにその沿線には「~台」という駅名が多く、初めて使う人はまず間違えるし、いつも使っている人も正しく乗れません

英語では「White」と言います。日本語では「ホワイト」と発音しますが、実際は「ゥワイッ」となります。最後の「ッ」が重要で、これがないと「Why」になってしまいます。また、「Write(書く)」と中学生は混同しがちです。くれぐれも「He whites the pepper」とか書かないようにしましょう。また、日本には「ホワイトデー」というものがあります(参考『チョコレート』)。これは、バレンタインでチョコをもらった男子が、チョコをもらったことを白紙にする、という恩知らずの日です。「え、お返し? なんのこと?」と白々しく言ってみましょう。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA