Pocket

ホームページにも載せているけれど、手書きの譜面を作る際、櫻井は自分の名前の横に簡単なイラストを描くようにしている。自身を可愛く思わせたい女子からは「きゃーこれ可愛い!」とおおむね好評なのだけど、こちらが説明しない限り何のイラストであるか理解されることはない。この場を借りて説明しておくと、一応アレは「猫」である。

大体10年くらい前から描き始めた、意外と長い歴史を持つキャラクターなのだけど、名前はないし種類も決まっていない。そもそも最初は「うさぎ」で、耳が長く全体も縦に長かったのだけど、描いているうちにどんどん横に伸び、今ではただのデブ猫になってしまった。

なぜイラストを描いているか。ひとつは「目立つため」である。「ティモ」という名前だけでもインパクトはあるけれど、変なイラストがあればより印象に残るではないか、という思惑があって描いている。そのため、名前のサインなしにこの猫が単体で描かれることはほとんどない。目的あっての猫である。

もうひとつは「上達のため」である。見て察しがつくだろうけれど、櫻井は絵が非常に下手である。「ミュージシャンは絵も上手い」というのはよくある話だけど、残念なことに櫻井には全く当てはまらない。彫刻や造形も苦手だ。音楽も含め、芸術的才能には恵まれなかった、と自覚している。

それでも「続けていれば上達する」と信じて約10年、ずっと描き続けている。しかし、ほぼ同時期に始めたドラムと比べると、一向に成長していない気がしないでもない。描くスピードは上がったと思う。だが、ひょっとしたら今から10年後、20年後には目覚しい成長があるかもしれない。その可愛いルックスから財布のデザインになって’SAKURAI Timo’ という人気ブランドが立ち上がるかもしれない。ごめん、ないわ。

ちなみに、櫻井は猫より犬派である。可愛いと思うのも犬だし、飼うとしても犬。

※2015年8月追記

現在ホームページでは猫から犬のイラストに改めている。櫻井は気に入っているのだけど、猫好きの友人からは「前の方が良かった」と不評である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA