櫻井先生(塾講師編)

Pocket

実は今、友人の経営する某有名塾の講師として働いている。もちろん、櫻井に一般教養などない。ひょっとして櫻井が勉強できる奴だと勘違いしているのでは、と思ったのだけれど、業務内容を聞くと、答えを見ながら丸つけをするだけの仕事なので、講師というよりは採点マシーンとして雇いたいんだな、と納得した。たぶん、採点マシーンを購入するより、人ひとり雇う方が安上がりなのだろう。一応、教育に携わっている現場という点では音楽教室と同じだし、何か面白い発見があるかもしれない、という下心で手伝わせてもらっている。

教えるのは小・中学校の生徒で、科目は国語、算数(数学)、英語の3つ。契約前に同レベルの実力テストを受けたけれど、国語は「是正」が読めなかったし、「国民のシジを得る」が書けなかった。算数は、3桁同士の加算減算と2桁同士の乗算除算くらいなら1問30秒くらいかければ暗算で解けるけれど、それ以上になると、まず暗算以外の解法を覚えていないので、1分くらいかけて、ようやく間違えられる。英語は留学経験者とあって、期待されていたようだ。1問目の「( ) ( ) a tennis player. 彼女はテニス選手です」は「She is a tennis player」で埋められたけれど、2問目の「( ) ( ) a tennis player? 彼女はテニス選手ですか?」で見事に「Does she a tennis player?」と答えた。断っておくが、ウケを狙っているわけではなく、大真面目に答えている。「まあ筆記と英会話ではまた違ってきますからね」と担当者は苦笑いしていたけれど、英会話の方がずっと酷い、というのは黙っておいた。

業務中はひたすら答案に丸をつけるだけなので、黙って作業をするだけなのだけれど、何故か幼いころの自分がフラッシュバックする。「あの時はああだったなあ」という具体的なものではなくて、まるで過去の自分がタイムスリップしてきたかのように、時たま中身が小学生になっているような感覚に陥る。決して楽しいものではない、変な緊張感があって、これは一体どういうことだろう、と不思議に思って考える。教室内には櫻井以外にも講師がいて、その人らは「ちゃんと勉強しなさい」などと指導しているのだけれど、どうもそれが「ガミガミうっとおしい」と感じるのだ。客観的に見て、それは仕事であり、決して怒って言っているわけでない、と理解できるのだけれど、腹が立つ、とまではいかないまでも、不快に思っている自分がいる。この感覚が小学生のころの自分を思い出させているのだ、という結論に至った。

この考察から、自分はまだまだ生徒側にいるのだな、と思う。年齢も若いし、厳しく戒める父のような教え方ではなく、楽しく励ます兄のような教え方をしていくのではないだろうか。どちらの教え方が正しいか、という問題ではない。どちらの教え方もできなければ、ビジネスとしては成り立たないだろう。子どもの目線はいつまでも忘れたくないものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA