櫻井先生(塾講師編)

Pocket

実は今、友人の経営する某有名塾の講師として働いています。もちろん、櫻井に一般教養はありません。ひょっとして、櫻井が勉強できると勘違いしているのでは、と思いましたが、答えを見ながら丸つけをするだけの仕事なので、講師というより採点マシーンとして雇いたかったのでしょう。教育に携わっている現場という点では音楽教室と同じですので、何か面白い発見があるかもしれない、という下心で手伝わせてもらっています。

教えるのは小中学校の生徒で、科目は国語、算数(数学)、英語の3つです。契約前に実力テストを受けましたが、国語は「是正」が読めなかったし、「国民のシジを得る」が書けませんでした。算数は、計算問題を1問につき30秒くらいかけて解き、よくわからない問題は1分くらいかけて間違えました。英語は留学経験者とあって、期待されていたようですが、2問目の「(  ) (  ) a tennis player? (彼女はテニス選手ですか?)」を「Does she a tennis player?」と答えました。決してウケを狙っているわけではなく、大真面目に答えています。「まあ筆記と英会話ではまた違ってきますからね」と担当者は苦笑いしていらっしゃいましたが、英会話の方が酷かったりします。

業務中はひたすら答案に丸をつけるだけなので、黙って作業をするだけですが、採点中に幼いころの自分がフラッシュ・バックします。「あの時はああだったなあ」という具体的なものではなくて、まるで過去の自分がタイムスリップしてきたかのように、中身が小学生になっているような感覚に陥るのです。決して楽しいものではなく、変な緊張感があって、これは一体どういうことだろう、と不思議に思っていました。どうやら、教室内にいる他の講師の方が「ちゃんと勉強しなさい」と指導しているのが過去の自分の経験と重なっているようです。指導は仕事であり、決して怒って言っているわけではないのですが、どうも居心地が悪く感じてしまうのです。

この考察から、自分はまだまだ生徒側にいるのだな、と思います。年齢も若いですし、厳しく戒める父のような教え方ではなく、楽しく励ます兄のような教え方が向いているかもしれません。どちらの教え方が正しいか、という問題ではありません。どちらの教え方もできなければ、ビジネスとしては成り立たないでしょう。子どもの目線はいつまでも忘れたくないものです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA