標準語だと思ったら方言だった言葉

Pocket

「すーすーする」は九州地方の方言であるらしい。「肌にアルコールが付着するとすーすーする」のように使う。「すー」という音の響きから「涼しい」と混同している人がいたけれど、普通、ポジティブの意味では用いられない。「クーラーがすーすーする」と言ったら「クーラーが気持ちいい」ではなく、「クーラーが効きすぎて寒い」に近い。しかし、「寒い」ともちょっと違うのだ。個人の感覚を表しているのではなく、こう、すーすーした状態を表しているのだけど、わかる?

「こさぐ」もあまり通用しない。「フライパンにこびりついたおこげをこさぐ」みたいに使う。昔はよく「スプーンでこさいだら傷つくからいけん」と注意されたものである。「削る」より弱く「こする」より強い、みたいな感じか。爪ではこさげるけど、指ではこさげない。別の言い方をすると「軽く削る」だろうか。こさぐの方が短くて言いやすいと思う。

「つ」と「つくじる」が方言だと知った時はかなり驚いた。「子どものころは、つをつくじるくせがあって、母にしょっちゅう叱られていた」みたいな使い方をしても、わかる人はほとんどいない。「つ」は「かさぶた」のこと、「つくじる」は「いじる」のことだが、今でも標準語の方が方言っぽく感じる。

ぎりぎり通じるのは「こちょぐる」あたりだろうか。「すかん」も「好かん」と変換できるので通じやすい。しかし、「いっちょん」や「せからしか」になると駄目だ。線引きがいまいちよくわからない。「なんばいいよるね」は難波を称賛しているわけではないし、「なんしょっと?」は残りの弾数を確認しているわけではない。

ここまで書いておいてなんだけど、櫻井は九州に住んだ経験はない。福岡人の血を半分継いでいるけれど、生まれは北海道だし、関東育ちだ。すべてエセである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA