楽器が弾けるとモテるのか

Pocket

「モテる」というのは、「異性から魅力的に思われる」ことで、魅力とは大抵の場合、「格好良さ」「美しさ」「「可愛さ」などの、外見的特徴のことである。本来、内面的特徴とされる「優しさ」「面白さ」などの「性格」も、具体例(対応が優しい、話し方が面白いなど)を挙げることが多いため、ほとんど外見的特徴と言っていいと思う。

「モテたくて楽器を始めた」という人は、思いのほか多い。ただこれは、「楽器を弾ける人はモテる」という共通認識が世間一般にあるのではなく、当人が「楽器を弾ける人は魅力的である」、つまり、「楽器を弾ける人は格好良い(美しい・可愛い)」と考えている(思い込んでいる)場合が多い。実際、世間では「付き合ってはいけない職病の3B」の1つに「バンドマン」が含まれている。残り二2は美容師とベーシストだそうだ。実に3分の2がミュージシャン、楽器を弾く人である。「楽器を弾ける人がモテる、は常識」とは、とても言えない。

では、世間一般がどうかは置いておき、「楽器を弾ける人のどんなところが魅力的であるか」を考えてみたいと思う(そう、櫻井は楽器を弾ける人が魅力的だと思わないので、考えなければ思いつかない)。まず考えられるのは、「『楽器を弾ける人は魅力的である』と感じる私(以下、甲)は、音楽が好きで、楽器を弾ける人(以下、乙)は、甲の好きな音楽を創作、生産することが可能であるため、甲は乙に対し魅力を覚える」というケース。これは、

1. 甲が好きな音楽(以下、丙)は、乙が創作、生産する音楽(以下、丁)と一致しない可能性がある。
2. 丙と丁が同一でない場合、甲は乙に対し魅力を覚えることはない。
3. 丙と丁が一致した場合のみ、甲は乙に対し、魅力を覚える。

ということである。

この公式は、音楽以外にも色々と当てはめることができる。たとえば、「音楽」を「ショートケーキ」に換えれば、「パティシエはモテる」になる。いずれにせよ「甲が好きなのは丙であって、乙ではない」という前提で成り立っている。これが「モテる」のメカニズムの真髄と言ってもいい。つまり、モテる人というのは、端から好かれていないのだ。

ちなみに、一番モテる楽器はギターで、最近はドラムを叩ける人もモテ始めているらしい。櫻井はギターが好きなので、できれば異性にも同性にもギターを弾いてほしくない(もちろん、個人の自由なので止めはしない)。ドラムに関しては書くまでもないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA