木村は魔女じゃない

Pocket

なんのこっちゃわからない人は、前のブログを参照のこと。一応、末尾に解説を載せておくので、わからなかった方はどうぞ。

さて、「魔女」というのは、おとぎ話なんかに出てくる「魔法が使える女性」のことである。マハリクマハリタしているあの子も、テクマクマヤコンしているあの子も魔女である。が、魔女が使う魔法には「邪悪な魔法」というニュアンスがあるので、ヤンバラヤンヤンしているあの子や、ラミパスラミパスするあの子は、一応「正義のヒロイン」のような立ち位置にいるため、どちらも魔女ではなく「魔法使い」扱いされている。某国の姫を幸せにするビビデバビディブーな人と、某国の姫に呪いをかけたり、真っ黒なドラゴンになって火を噴いたりする人は、前者が魔法使い、後者が魔女のように思えるが、どちらも「Witch」ではなく「Fairy(妖精)」とされている。つまり、いくら魔法が使えようが、「人間」でなければ魔女にも魔法使いにもなれない、ということがわかる。ちなみに、マハリクマヤコンみたいな呪文を唱えながら巨大な手鏡で物理攻撃するキャラクターもいるが、当然これも含まれない。

では、「魔法」とは何なのか。英語では「Magic」だから、油性ペンが使える女性は魔女なのか。はたまた、象印が作った軽量でコンパクトな設計の上に、片手でラクにワンタッチオープンできてとっても使いやすいうえに、「飛び散り抑制機構」の採用で、オープン時にフタについた滴が飛び散りにくく、デスクの大切な書類などを汚さないのでオフィス使いにもおすすめな魔法瓶「SM-SAシリーズ」を持っている女性は魔女なのか。これらはどれも、「魔法のような」というニュアンスで名付けられたものであり、魔法そのものではない。強いて言えば、人類で最初に油性ペンや魔法瓶を考えたその発想は魔法と呼べるかもしれないけれど、総じて人の役に立っていることなので、仮に開発者が女性だったとしても、やはり魔女とはなり得ない。

また、「女性の魅力によって男性を騙す女性」のことを魔女と呼ぶことがある。これが最も現実的な魔女なのでは、と思うけれど、「騙す」という点がどこまで邪悪か、判断に困るところである。たとえば、清楚なイメージで売っている女性芸能人が、隠れたところで暴言を吐いていたら、これはファンを騙している行為と言えなくもない。が、「隠れたところで暴言を吐く行為」は邪悪であっても、「騙す行為」、この場合は「清楚なイメージで売る行為」が邪悪かどうかと問われると、必ずしもそうとは言い切れない。芸能人にとって「イメージ」というのは商品であって、「本人が実際どういう人間か」とはあまり関係がないし、それを売る行為(つまり、商売)が邪悪だ、とは思えない。イメージを売るのは芸能人だけか、と言えばそうでもないし、売るイメージも様々なので、一概に「男を騙す女性は全員魔女だ」と言えないのでは。

【11月3日のクイズ解説】
問題のおさらい。

野村「この中に魔女は三人います」
木村「この中に魔女は二人以上います」
田村「私はドラムが大好きです」

まず、野村の証言は「全員が魔女」というものであり、これが真実ならば魔女である野村自身が真実の証言をしていることになるので矛盾する。野村の証言は真実になり得ないため、「野村は魔女である」と確定し、「魔女はいない」「木村だけが魔女」「田村だけが魔女」「木村と田村が魔女」という可能性がなくなる。「野村だけが魔女」だと、木村の証言と矛盾する。「野村と木村が魔女」だと、木村が真実を証言してしまうので矛盾する。よって「野村と田村が魔女」が正解。だから、木村は魔女じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA