挨拶

Pocket

「おはようございます」「さようなら」やなど、言語によるコミュニケーションの始まりや結びに用いる定形句のこと。「メリー・クリスマス」や「あけましておめでとうございます」といった季節性のものや、お辞儀(礼)や握手などの行動を伴う場合もあり、バリエーションはさまざまである。言葉自体に大した意味はないが、「挨拶をする」という行動そのものが常識的な行動というか、マナーの一種であると考えられている。たった数文字のフレーズだけれど、「挨拶をする」という行ないは社会において「時間を守る」と同水準のエチケットとされているのだ。

音楽教室の生徒様の中には、楽器そのものを学ぶというより「挨拶の習慣や協調性を育てるため」という目的で子どもに習いごとをさせる保護者の方がいる。そんな重大なことを赤の他人に、ましてやミュージシャンに任せて良いものか、とは思うけれど、気持ちはわからないでもない。そういう要望のある人(多くの場合、母親)は言葉遣いも丁寧だし、子どもに対してもしっかりとした物言いをしているので、その態度だけで十分教育になっているだろう。

挨拶することは大切だが、「どうして挨拶は大切なのか」という問いに答えるのは難しい。もし子どもがそんな風に訊ねてきたとして、上手く答えられる大人はいるだろうか。「社会のマナーだから」では、答えにならない。櫻井も上手く説明できる自信はないけれど、可能な限り正直なことを話すよう努めると思う。たとえば、「挨拶するのとしないとでは前者の方が好感をもたれる場合が多く、結果として自分の利益に繋がる」や「大抵の挨拶は形だけで事足りるので、本気にする必要はない」といった具合に。

専門学校に入学する際、実技試験があったのだけれど、試験官の1人がマナーに厳しい人で、「入学試験の際に挨拶ができなかった者は、いかように技術があっても(8段階中)評価3以下に処す」という基準で評価していたそうだ。「楽器の試験にマナーの話を持ち出すな」と反感を持つ生徒もいたが、同じことをオーディションや講師試験の場で言えるだろうか。どんな職種にも言えることだけれど、技術だけでプロの世界をやっていけると思ったら大間違いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA