姫路城

Pocket

himeji

兵庫県南部にある城で、聞いた話だと、豊臣秀吉の時代に建てられたものだそうだ。櫻井は、豊臣秀吉が具体的に何をした人で、いつの時代の人なのかも知らない。念のため、貰ったパンフレットの情報を載せておくと、1346年に建設されたらしい。7世紀近く昔の建築物にも関わらず、保存状態が良いため、国宝・世界文化遺産に登録されているらしい。

つい最近、何十年ぶりかに補修工事が行なわれた結果、写真のような真っ白な城になった。もともと鳥の白鷺(しらさぎ)になぞらえて「白鷺城」という通称があるほど、白い城だったそうだ。「どうして白いの?」と聞いたら、「漆喰(しっくい)の色が白いから」という返事を頂いた。どうも、屋根の瓦を固定する接着剤のようなものをそう呼ぶらしい。櫻井が知りたかったのは、城が白い原因ではなく、「どうして白なんて目立つ色にしたのか」という理由、つまり、建設者の意図だったのだけれど、適当な返事は頂けなかった。

昨年、NHKドラマの舞台になったそうで、日本人だけでなく、海外からの観光客も非常に多かった。「NHKドラマって、戦時中の仲間由紀恵の話じゃなかったっけ?」と聞いたら、「そっちじゃなくて、大河ドラマの方だ」と言われた。どうやら、NHKはドラマを複数作っているらしい。誰が主人公か、名前を聞いたけれど知らない人物だったし、もう忘れた。池田なんとか、とか言う名前だった気がする。意外と地味な人物にもスポットを当てるのだな、と思ったけれど、櫻井が知らないだけで、日本史上ではとんでもなく有名な人なのかもしれない。

一番高い塔、天守閣は工事が終わっていなかったため入れなかったが、何とか、とかいう姫が住んでいたとされる建物内部は見学することができた。一番の感想は「寒い」である。たぶん、日本史が好きな人にとってはパラダイスみたいなところなのだろう。あと、「段差が多い」。「なんてアンチ・バリアフリーなのだ」と言ったら、「それを言うならバリアフルだよ」と指摘を受けた。更に、「どうして段差が多いの?」と聞いたら、「敵を罠にかけるため」という、いい加減な返事を頂いた。城内に侵入された時点でアウトだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA