太陽みたいな人

Pocket

その人の人柄や性格を、銀河系の天体になぞらえた比喩表現の1つ。「あたたかい人」「明るい人」の類義語として扱われるが、太陽は表面温度だけで摂氏約6,000度であるし、太陽光度は100W電球の約4じょ(垓の次の単位。禾へんに予)倍だから明るいどころかまぶしすぎて直視できない。比喩にしたって大げさすぎるのだ。「日光のような人」くらいならまだ許されるかもしれないが、こう表現する人は極めて稀である。地球が太陽の恩恵を受けているように、「自分にとってなくてはならない人」と言いたいのかもしれない。微笑ましい限りである。

太陽と似た表現に「ひまわりのような人」がある。どうやら、ひまわりに対して「元気がある」というイメージを抱く人が多いようだ。夏の数ヶ月しか咲かない花なのに、不思議なものである。遠回しに「温室育ちだ」と言いたいのだろうか(温室育ち、という表現自体がすでに遠回しだけれど)。なお、ひまわりは大きさによって花言葉が変わり、大きなものは「偽りの愛」という意味になる。

他にも「仏のような人」という比喩表現がある。信仰の対象になっているのではなく、あまり怒りを表に出さない人程度の意味しかない。「海のような人」「空のような人」もほとんど同義だ。「お父さん(お母さん)のような人」「お兄さん(お姉さん)のような人」など、家族になぞらえた表現もある。良く言えば「頼り甲斐のある人」という意味になるが、端的に言えば「都合のいい人」である。

「太陽のような人」は、特に恋人や伴侶を表現する際に用いることが多い。櫻井の妻を天体に例えるなら、太陽ではなくアルファルドみたいな人だと思う。ちなみに妻は、櫻井のことを「クレイジーソルトのような人」とおっしゃっていた。塩分過多ということだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA