土産に和菓子が多い理由

Pocket

仕事柄、お土産をもらう機会が多い。櫻井には土産の習慣がないので「気を使わなくて良いのに」と思ってしまうけれど、渡す、渡さないは相手の自由なのでありがたく頂戴している。多謝。

土産のほとんどは「菓子」である。お盆や年末に地方へ帰省した方が、その土地の名物を菓子にしたものを買ってきてくださるのだ。保存がきくし、持ち運びしやすいからだろう。土産ではないが、バレンタイン・ディに手作りの菓子を持ってきてくださる方もいる。これは比較的安価で作りやすいからではないか。

バレンタイン・ディといえば「チョコレート」が定番だけれど、櫻井は和菓子をもらうことが多い。土産も同様である。どうやら「櫻井はチョコレートを食べると口内炎ができる」という話を覚えていらっしゃるようだ(参考『ストレスを低減させるチョコレート』)。クッキーやポテトチップスでも口内炎になるけれど、少量をゆっくり食べれば問題ないので、やはり気を使う必要はないのだけれど、櫻井と違って思いやりのある人たちばかりである。

どうやら油分の多い食品を食べると胃が荒れて口内炎になってしまう体質のようだ(病院で確認したわけではないので、真偽は不明)。チョコレートもクッキーも味が嫌いなわけではない。むしろ好きだ。ときどき、コストコに売ってそうな1枚が大きくてちょっとウェットなタイプのチョコチップ・クッキーが無性に食べたくなるけれど、食べながら「これ口内炎できるわ」と口にするし、食べた直後に必ず後悔する。

とある人は、櫻井がチョコレートを食べると口内炎ができると知って「じゃあ今度チョコレートをいっぱい買ってきます」と言ってきた。なんでやねん、と櫻井がツッコミを入れると「だって、ティモさんの座右の銘は『人の嫌がることをやる』なんでしょ?」と返された(参考『座右の銘』)。蛙の子は蛙、という言葉が頭をよぎった瞬間である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA