困った時の神頼み

Pocket

正確には「苦しい時の神頼み」である。「窮地に立たされている人が、信仰する神に助けを求めている様子」を表しているように思えるけれど、実際は「普段は信心していない人が、災難にあっている時だけ神頼みしている身勝手な様子」を表した言葉だ。そのため、神頼みしている相手を非難したり、揶揄したりする時に用いるのが本来の使い方である。そもそも日本では熱心に信心している人が少ないため、「神は死んだ」や「自力で頑張れよ」の類義語くらいに考えていいのでは。

ところで櫻井は、不測の事態に陥ると困る傾向がある。綿密な計画を立て、あらゆるトラブルを見越してことを進めるのだけれど、予想だにしないハプニングに遭遇すると混乱してしまう。こうなった場合、櫻井が最初にとる行動は「怒る」である。自分を含む、不測の原因に対して怒りをぶちまけながらフォローしようとする。それでも解決しない場合、今度は「落ち込む」とか「泣く」といったダウナー系の症状が現れ始める。怒り状態よりは多少冷静なので、解決することもままあるが、自分の力ではどうしようもない問題に対しては成す術がない。ここまできてやっと櫻井は「祈り」、つまり、「神頼み」をするのである。

聖書には「あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない」と書かれている(箴言16:8)。「ゆだねる(委ねる)」は「身を任せる」という意味なので、「神頼み」と同義だ。聖書の順序に従うなら、計画を立てる時点で神頼みをするのである。また、嵐によって船が転覆しかけ、助けを求めた弟子たちにキリストが「信仰がない」と言うシーンもある(マルコ 4:35-40)。困った時の神頼みは、聖書的にも是とされない。

いついかなる時、どんなことにおいても、初めに神頼みができる人になりたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA