体調管理の失敗例

Pocket

自分では体調管理できていると思っているのだけれど、不器用のせいか、ときどき失敗してしまう。夏の暑い日にドラムを叩いて汗だくになってしまったので、服を乾かすために冷房を20度の急速(風の強さ)にしたら風邪を引いた、なんてことがあった。服を脱いだ半裸の状態で「涼しいー!」と踊っていたのがまずかったのかもしれない。

上に挙げたのは稀有な例だけれど、よくやってしまう失敗は睡眠不足である。昔、新聞奨学生をやっていたせいか、「自分は寝なくても大丈夫」と勘違いしているのだろう(参考『新聞奨学生の1日』)。当時はそうでもなかったけれど、歳を重ねた今は身体の不調が現れるようになった。ちょっと休めば良いものを、「これくらいならいけるやろ」と、体調を見誤って失敗するのだ。

最も多い症状は目まいである。大体は立ちくらみ程度なのだけれど、ある時、吐き気と頭痛を併発するほど悪化したことがあった。運が悪いことに通勤中で、歩くのがやっと、というくらい重い症状だった。レッスンの休講も考えたが「生徒様に迷惑がかかるし、もう通勤しちゃっているし、手続きがめんどい」という理由でそのまま出勤した。非常に愚かな行為なので、真似しないように。

ただ不思議なことに、その日はレッスンが始まった途端に症状が緩和し、普段通りの仕事ができたのだ。実は、こういったことが起きたのは1度や2度ではない。大学の試験の時もそうだったけれど(参考『緊張』)、スイッチを押したように突然治る。その度に櫻井は、自分に与えられた賜物への感謝と、主への礼拝に引き寄せられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA