今まで出会った人たちの中で最もクールだと思った人物

いつだったか、Twitterのタイムラインで『ポール・マッカートニー、これまで会った人たちの中で最もクールな2人は──』というタイトルの記事が目に留まりました。詳細は割愛しますが、ポールは真っ先に妻・ナンシーを挙げており、2番目にエルヴィス・プレスリーを挙げていました。ビートルズ時代に大きな影響を受けたアーティストだそうです(引用『ポール・マッカートニー、これまで会った人たちの中で最もクールな2人は──』※外部リンク)。

クール」には、さまざまな用法があり、一般的には「涼しい」「冷めた」など温度の低い様を表しますが、対人間では「冷静な」「格好良い」「粋な」という、いずれもポジティブな意味で使われます。一言でまとめると「渋い」でしょうか。「クール」は英語ならでは、「渋い」は日本語ならではの表現方法ですね。

僕が今まで出会った人たちの中で、最も冷静で格好良くて粋だと思った人は、やはりです。「美人」「清楚」「優しい」など、人柄を表す言葉は数多くありますが、「クール」ほど妻を表す言葉はありません。日本語なら「知的」や「聡明」といった言葉がぴったりです。予想ですが、おそらく妻は僕のことを「クールの対極」と思っているでしょう。ところで、この場合の「クール」の対義語って何でしょう。「フール」?



2番目は、単に影響を受けただけなら「」が挙がりますが、「クール」とはちょっと違う気がします。フィクションを含めればフィリップ・マーロウ神宮寺三郎ですが、実在しない人物を挙げてよいものか悩みどころです。冒頭のポールの例にならうなら、「音楽活動中に感銘を受けた同業者」といったところでしょうか。比較的身近な人で最もクールだと思うドラマーは、専門学校時代に教えを乞うた講師で、いまだに憧れ続けています(参考『櫻井ティモと7人のドラム講師』)。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。






開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!




※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。