メリー・クリスマス

Pocket

みんな大好きイエス・キリストの誕生日である。「キリストの誕生日は二25日では?」と思うかもしれないけれど、キリストの発祥地であるイスラエルでは「日没が新しい1日始まり」というユダヤの風習に則っており、そのため、24日の日没=25日=キリストの誕生日とされている。最近では23日を」クリスマス・イブイブ」なんて呼んだりするが、ユダヤの風習に則れば、真のクリスマス・イブイブは22日の日没、ということになる。「22日じゃイブイブイブじゃん」と突っ込まれたら、「イブイブイブだと21日」と切り返そう。「21日じゃイブイブイブイブじゃん」と突っ込まれたら、「イブイブイブイブだと20日」と切り返し、数を間違えた方、あるいはイブの字がゲシュタルト崩壊した方が負け。レディーゴー!

世間一般には恋人たちが愛し合う日だとか、お腹いっぱいケンタッキーを食べる日、というイメージがあるけれど、もともとはイエス・キリストの誕生を祝う日なので、キリストを信仰している人たち、つまり、クリスチャンにとってはかなり重要な日である。かく言う櫻井もクリスチャンである。普段から公言しているのだけれど、「お前みたいなへらず口を叩くやつがクリスチャンなわけねーだろ!」と、どうもジョークだと思われているらしい。こちらは至極真面目に、素直に、嘘偽りなく、「俺は天使」みたいなこと言ってるのに、何故伝わらないのか。

前述の通り、クリスマスはクリスチャンにとってとても重要な日であり、キリスト教会では「クリスマス礼拝」と銘打って、盛大にキリスト生誕を祝う。実は、櫻井がクリスチャンになったきっかけであり、キリスト教会の賛美隊でドラムを叩くきっかけにもなったのが、このクリスマス礼拝なのだ。当時、高校2年生だった桜いはまだノンクリスチャンで、ひとつ上の先輩(クリスチャン)に「クリスマス礼拝でドラムを叩け」と誘われたのが発端だった。10分くらいあるクリスマス・メドレーを演奏したり、演劇チームと合同でミュージカルの劇半を演奏したり、なかなか面白い経験だった。特にミュージカルの劇半なんてそう簡単にできるものではない。役者もそうだし、脚本、監督、照明、音響など、かなりの人数が関わっていた。その大人数がひとつのステージを作るというのは、難しい以上に喜びがあった、と記憶している。

これからも、あなたを賛美していけますように。ハッピー・バースデー、ジーザス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA