ミュージシャンの生活習慣

Pocket

生活習慣の中で最も大きな割合を占めるのは「睡眠」で、その次が「労働」である。いつ、どのくらい睡眠を取るかは、労働によるところが大きい。「朝起きて、昼に働き、夜眠る」という生活習慣が一般的になっているのは、大半の仕事が日中に行なわれるからである。ミュージシャンの仕事は、たとえば、ライブ演奏は会社・学校帰りの人を狙った夕方から夜に需要があるし、レコーディングはスタジオを長時間レンタルしやすい深夜帯に行なわれる場合が多い。ゆえに、ミュージシャンは「昼に起きて、夜働き、朝眠る」という、いわゆる「夜型生活」をしている人が多い。夜型生活せざるを得ない、というのが正確かもしれない。

楽器店付属の音楽教室で講師業をしている場合、遅くとも楽器店の閉店時間が終業時間になるため、他のミュージシャンの仕事に比べるとまともと言える。しかし、レッスンで使う教材の製作や、会社への提出書類の準備などを帰宅後に行なうとなると、明け方までかかることもある。最もニーズが高い時間帯は夕方から夜にかけてであり、平日の午前中は空いていることがほとんどで、他のミュージシャン業との兼ね合いも考えると朝に寝る方が合理的だったりする。

櫻井はと言うと、まず0時を過ぎると身体が動かなくなる。まるで魔法をかけられたように眠くなるので、これを「逆シンデレラ現象」と呼ぶ。あらゆる能力が著しく低下しているで、この状態のまま作業するのは極めて非効率かつ低品質である。その反動のせいか、朝の目覚めは人一倍良い。いわゆる「まどろんでいる時間」というものがなく、一瞬で覚醒するため、これを「逆眠り姫現象」、あるいは「逆白雪姫現象」と呼ぶ。このような体質面を考え、作業はいつも睡眠の後、起き抜けに行なうようにしている。完全な「朝型生活」をしているわけだ。

朝型生活をしているミュージシャンにとって、デメリットになるのは「深夜帯の仕事を引き受けられない」ということだけれど、深夜帯のミュージシャン業というとレコーディングかリハーサルくらいだと思う。CDなどの音源を制作したり、積極的にライブ活動をしたいと思っていたりする人に朝型生活は向かないだろう。櫻井にもそういった欲求があれば、何とかして夜型生活をしたかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA