ピックでコイル弦をこすってギュイーンってするやつ

Pocket

ギターのテクニックのひとつで、正式名称は知らない。コイル弦とは、1本の弦を軸に弦をもう1本、電磁コイルのように細かく巻きつけたもので、ギターの場合、4~6弦がこれにあたる。弦表面の凹凸部をピックでこすることで独特のサウンドが得られる。同じコイル弦を持つベースでも可能なテクニックだけれど、ベーシストがギュイーンしているところを見たことがない。指で弾くことが多いからだろうか。同じギターでも、ガットギターはガット弦のため、ギュイーンできないと思われる。また、アコースティック・ギターよりエレキギター、特にロックやメタルのジャンルで用いられることが多い。

このテクニックの素晴らしいところは、素人目にも「これならできる」と思わせられるくらい簡単なテクニックで、かつ派手な音が出せることにある。実際やってみるとピックの角度だったり、こするスピードだったり、音色だったり、難しい点はあるのだけれど、ただこするだけでそれっぽい(格好良い)音が出せる。櫻井が最初に覚えたギターのテクニックもこれで、チューニングよりも先に覚えた。ギタリストの友人に「ギター貸して」と頼んではギュイーンしまくるので、さぞ迷惑なドラマーだっただろう。「ピックが削れる」と嫌がれるので、それ以来、財布には必ずピックを忍ばせるようにしている。

似たようなエピソードがドラムにもある。櫻井が最初に覚えたのは8ビートではなく、スティック回しだった。人差し指と中指でスティックの中心部分を挟み、先端で円を描くように回す。これもやってみるとわかるけれど、簡単なテクニックの割に、見た目が派手なのである。利き腕は1週間くらいで回せるようになった。ちなみに、8ビートは3ヶ月ほどかかった。

このように、どんな楽器にもちょっとしたことで派手な効果が得られるテクニックがあると思うのだけれど、残念ながら管楽器では思い当たらない。むしろ管楽器は、「むっちゃ難しいのに見た感じ地味」というテクニックが多い気がする。フラジオとか、「ただ高い音出してるだけやん」で終わりそう。マウスピースなしで演奏している人もいたけど、あれも地味である。「1人の演者がサックス3本を同時に吹く」というのもあって、あれはかなり派手だけれど、そう簡単にできるものではない。まず、楽器を揃えるのが大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA