パフォーマンス、並びに、格好をつけることのメリットとデメリット

Pocket

パフォーマンスとは、国語辞書で「演劇、音楽、舞踏などを上演すること。また、その芸、演技」「人目を引くためにする行為」と定義されています。ステージ上で音楽を演奏するミュージシャンは、パフォーマンスという労働によって対価を得ているわけです。主な労働内容は「楽器を弾くこと」「楽曲を演奏すること」ですが、「MCする(舞台上で喋る)こと」「演奏している姿を見せる(アピールする)こと」など、音楽以外の労働も含まれます。「格好をつけること」もミュージシャンの仕事なのです。

格好をつけることで得られるメリットは、思いのほか大きいです。楽曲はCDなどでも聞けますが、MCが聞けるのはライブだけです。面白いMCができる人はMC目当ての顧客を掴むことができるため、集客に繋がります。顔立ち、着ている服、使っている楽器などのルックスは、持っているだけで相当な値打ちになります。実際にライブに来た、ミュージシャンでない人の話を聞くと「あのバンドのボーカルの娘が可愛かった」とか「さっきのギタリストの使っているギター(の形)が珍しかった」といった、視覚情報ばかり印象に残っているのがわかります。

ただ、格好をつけることにもデメリットはある。1つは、演奏に支障をきたす場合があること。ギターを低く構えればロックに見えますが、指板は押さえづらいですし、ピッキングも悪くなります。いくら見た目が格好良かったとしても、下手な演奏ほど格好悪いものはありません。また、収入に見合わない高いギターやブランド物を買って赤字になるのは、ビジネスとして本末転倒でしょう。器材だけでなく、広告や宣伝費などに投資するのも大切なことです。

最もパフォーマンスしなければならないのは、ステージ上ではなくステージを降りてからかもしれません。これはミュージシャンに限らず、あらゆる職業に通じることでしょう。裏舞台を支配する人が、表舞台でスターになれます。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA