バンド漫画でありがちなこと

Pocket

○ボーカリストの声が出なくなる
病気や事故といったケースもありますが、大半は精神的な理由で歌えなくなります。そして、ファンや好きな異性のおかげで回復します。

○楽器の弾き過ぎで怪我をする
「演奏できないなら死んだ方がマシだ」みたいなことも言っちゃいます(参考『怪我は勲章たりうるか』)。

○実在のミュージシャンが登場する
本人に配慮しか、やたらと画力が高くなります。

○バンド名が適当
現実世界も同様です。

○少女漫画の演奏描写は白い
キラキラとしたエフェクトが宙を舞っていて、汗ひとつかいていません。

○逆に少年漫画の演奏描写は黒い
基本的に背景はベタ塗り、顔には苦悶の色を浮かべています。

○意味不明な構造の楽器が出てくる
3ピックアップ、3ノブのストラトキャスター・タイプで、ピックアップ・セレクターなしのギターがありました。3ボリューム0トーン?

○事実とは異なる歴史
「昔のジャズ・ミュージシャンは楽譜が読めなかった」という台詞がありました。キャラクターの勘違いでなければ、どういった世界線か深く掘り下げて欲しいところです。

○ありえない数字
主人公が所属するバンドのデビューCDが2,000万枚を売り上げる、という展開がありました。1枚1,000円とすると200億円の売上で、テイラー・スウィフトの年収くらい売れたことになります。友人いわく「日本の人口が10億くらいいるんでしょ」とのこと。

○ギタリストがベーシストに転向する
人気のあるキャラクターをまとめたかったのだと思われます。逆に、ベーシストがギタリストに転向する展開はあまり見られません。

○ベーシストは主人公になれない
有名、無名問わず読み漁りましたが、ベーシストが主人公の作品は見つかりませんでした。あれば教えていただきたいです。

○最終的に才能が勝つ
力を持ったものが勝つ、という意味では現実世界も同様です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA