ドラム講師業の必需品とは

Pocket

以前、櫻井がドラム講師業で重宝している道具をいくつか紹介したことがある(参考『ドラム講師業に役立つ7つ道具【スマホアプリ編】』『【PCソフト編】』『【小道具編】』。これらはいずれも、櫻井が個人的に愛用している道具であり、すべてのドラム講師に当てはまるわけではない。

たとえば、櫻井は楽譜作成ソフトを使っているけれど、手書きの譜面でレッスンをしているドラム講師も多い。今でこそ音源編集ソフトを使っているけれど、講師業を始めたてのころは扱いがわからず、使用していなかった。やろうと思えば、メトロノームを一切使わず楽曲のコピーだけでレッスンすることも可能だろう。

他の楽器ではありえないことだけれど、ドラム・セットを購入する必要もない。自分でスタジオを構えて自営するならともかく、大手音楽教室に勤めたり、スタジオをレンタルして経営したり場合は、講師が買わずとも備えられている場合がほとんどである。スネアやペダル、シンバルといった小物もいらない。極端な話、スティックすらなくてもいい。事実、演奏してみせるのではなく、口頭だけで教授するドラム講師は存在する。

結論を言うと、「ドラム講師業に必需品はない」ということになる。道具がなくてもドラム・レッスンはできる。櫻井も例外ではない。冒頭の7つ道具がなくても仕事はできる。ただ、あった方が楽に仕事ができるから使っているだけだ。たとえば、メトロノームがなくてもメトロノーム・トレーニング(参考『メトロノーム・トレーニング』)は教えられるけれど、説明だけで20分はかかるだろう(試したことはないので概算である)。メトロノームを使って実演すれば5分とかからない。時間を売るとは、こういうことである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA