ドラム講師業に役立つ7つ道具【PCソフト編】

Pocket

前回の【スマホアプリ編】に続き、今回はパソコンで使っているソフトについて。

◯その3 楽譜作成ソフト

レッスンで使う楽曲や練習用のフレーズを譜面に起こす際に用いる。櫻井が事務作業中に最も相対している、相棒とも言える存在だ。

具体的な流れは、まず紙とペンを使って手書きでコピーする。書いた自分が内容を把握できれば良いので、丁寧さよりもスピードを重視する。速記して書き終えたメモを参考にパソコンへ打ち込み、PDFに変換、印刷している。

一時期はメモを使わずに直接パソコンに打ち込んでいたけれど、手書きの方が圧倒的に速くコピーできるし、打ち込み中は耳とiPhoneが空くので、ラジオや音楽を流しながら作業ができる。手書きを清書するよりも綺麗に仕上がるのは言うまでもない。似たようなフレーズにはコピー+ペーストが使えるし、譜面が間違っていた時の修正も容易い。データ化しているため、持ち運びにも便利だし、バックアップも楽である。

楽譜作成ソフトというと通常は1万円から2万円、高いものだと8万円以上するのだけれど、櫻井が使っているのは「MuseScore」という、インターネットで無料配布されているフリーソフトだ。大学時代からずっと愛用しているけれど、有料のソフトを買う理由が見つからないくらい安定している。バージョンアップして「MuseScore2」になってからはさらに打ち込みやすくなり、作業能率がすこぶる上がった。


作成画面。音符の種類や小節の幅など、細かく設定できる。

◯その4 音源編集ソフト

レッスンで使う楽曲は、ドラムが入るまでの前奏が長かったり、音量が小さかったりすることがある。これらの問題を解決するために、前奏をカットしたり、音量を増幅させたりするのが「音源編集ソフト」だ。これを使えばレッスン時の操作が円滑になるし、ドラムから始まる楽曲の前にメトロノームを入れる、なんてこともできる。

櫻井が使っているのは「Audacity」というフリーソフトだ。そう、これもMuseScoreと同じく無料でダウンロードできる。櫻井はこのソフトを海外留学中に講師に教えてもらった。世界的に有名なフリーソフトと言える。もちろん、日本語にも対応しているので操作に迷うことはない。


フェード・イン、フェード・アウトなども可能。

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA