ドラム講師業に役立つ7つ道具【小道具編】

Pocket

前回【PCソフト編】、前々回【スマホアプリ編】と続いてきた7つ道具シリーズも最終回。今回はレッスンの現場で使う、ちょっとした小道具を紹介する。

◯その5 ひらがな楽譜

ドラム・レッスンを受けにくる方のほとんどはドラム未経験で、楽器経験がない人も珍しくない。小学校で習った4分音符や小節といった音楽用語もすっかり忘れているし、そもそもまだ小学校で習っていないという方もいる。そんな方でもリズム・パターンが叩けるように、わかりやすく解説した楽譜が「ひらがな楽譜」である。


櫻井が実際に使用しているひらがな楽譜。

まずは右手1本から始め、両手、両手+右足と増やしていく。足が入るととたんにできなくなる方は、「縦のラインを意識する」とアドバイスをしたり(参考『8ビート』)、右手を1つ減らしたりすると安定する。


右手右足と左手を交互に叩く形になる。

重要なのは正しく叩くことではなく、音楽に合わせて楽しんでいただくことと考えているため、このような譜面を使っている。また、プリントにして渡すことで「レッスンを受けた記念」にもなる。

このアイディアは櫻井のオリジナルではなく、先輩講師に教えていただいたもので、ありがたく活用させていただいている。

◯その6 カウベル

楽曲に合わせてドラムを叩く時、速くなったり遅くなったりすることがある。こういう時は正しいテンポをカウントするのだけれど、ドラムの音は非常に大きいため、声やスティックでは聞こえにくい。また、正確なテンポで演奏していない楽曲もあるため、メトロノームを使うわけにもいかない。

カウベルは軽く叩いただけで抜けの良い音が出せるし、セッティングすれば片手でカウントが出せる。櫻井が使っているのはZenn社のカウベル(6.5インチ)で、1つ500円もしないため、各音楽教室に1つずつ配置している。

◯その7 ストップウォッチ

ドラム・レッスンは時間を売る商売であるため、時間を計るのは極めて重要である。特にグループ・レッスンは1人1人のレッスン時間が均等になるよう、正確にコントロールしなければならない。櫻井は秒数まで正確に計れるよう、時計機能のついたデジタル式のストップウォッチを使っている。スタート / ストップ・ボタンを押した時の音が小さく、文字盤も大きいため視認しやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA