ドラム人生の中でラッキーだったこと

Pocket

櫻井のドラム人生は、ドラムを始めた高校1年生のころから恵まれている。母の勧めで音楽科のある高校に進学したため、ドラムに触れる機会がたくさん与えられていた。優秀な先輩や同級生に囲まれていたし、講師はみな現役のプロだ。このような「周りが上手い」という環境は適度な緊張を生み、集中力に繋がる。苦しいこともあったけれど、その苦しみを助けてくれたのもまた環境なのである。自分を変えることは容易いけれど、環境を変えるのは難しい。高校という極めて身近な環境がこのように整えられていたことは、本当に恵みである。

さらに幸福だったのは、高校の同級生や先輩がバンドに誘ってくれたことだ。同級生とのバンドはオリジナル曲中心のライブハウス活動で、先輩が誘ってくれたのはキリスト教会の賛美隊である。創造力が鍛えられたり、毎週日曜に演奏できたりするなど、音楽的な成長ももちろんあったけれど、人間的な成長が大きかった。どちらも活動期間は3年と短いけれど、櫻井にとって重要なバックボーンとなっている。これらの活動をプロフィールに書いているのは、これが理由だ。

関西でも留学先のアイルランドでも素晴らしい講師陣に恵まれた(参考『櫻井ティモと7人のドラム講師』)。彼らからはドラムの技術だけでなく、ドラム講師としてのあり方も学んだ。叩き方も教え方も、何から何まで影響を受けている。誰か1人でも欠けていたら、櫻井はドラム講師にはなれなかったかもしれない。

ドラム講師になってからは、経験豊富な先輩方からあらゆるアドバイスやアイディアをいただいている。実際にレッスンを見学させてもらった方もいるし、半年に1度の講師会議ではいつも刺激を受けている。自分も同じように刺激を与えられていれば、と願ってやまない。

運とはつまり、自分の力ではどうしようもできない範囲のことだ。櫻井は相当に不器用だけれど、運には恵まれていると思う。運だけで上手くいっているわけではないけれど、運によって助けられているところが大きい。いったい、誰が何の目的でこんな運を与えたのか。櫻井は、神様の仕業と信じて疑わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA