ドラム・ソロってどうやるの?【概要編】

Pocket

ドラム・ソロは、大まかに分けると以下の2つのタイプに分けられます。

【タイプA】楽曲の一部分がドラム・ソロになっている場合
【タイプB】ドラム・ソロだけで楽曲が構成されている場合

タイプAのドラム・ソロはアンサンブルと協力して作られることが多く、ソロの時間は短めです。いっぽう、タイプBはドラムの独奏であり、ドラム単体で1曲を仕上げなければならないため、長いソロになります。今回はタイプAのドラム・ソロを中心に解説していきます。一応参考までに、タイプBのドラム・ソロの動画を載せておきます。

タイプAのドラム・ソロは、さらに4種に分類できます。

◯コーラス

ドラム・ソロをするサイクルとテンポが決まっているタイプ。サイクルとは「1まわし12小節」のように、決められた小節数を循環すること。ジャズやブルースだと1コーラスで1サイクルになっていることが多いです。

(ソロは5:17~)

◯トレード

他の楽器と交代でドラム・ソロをするタイプ。4小節交代(4バース)や8小節交代(8バース)と、比較的短いサイクルでトレードすることがほとんどです。基本的に「他の楽器→ドラム」の順でソロを回していきます。

(ソロは3:24~)

◯ヴァンプ

ヴァンプ(繰り返される一定のメロディ)の上でドラム・ソロをするタイプ。ヴァンプに合わせたリズムを刻んでもいいですし、ヴァンプから離れたフレーズを叩いても構わません。ソロの終わりはドラマーのキュー(合図)によって決まります。

(ソロは2:12〜)

◯フリー

楽曲の途中で自由度の高いドラム・ソロをするタイプ。「コーラス」と似ていますが、こちらはサイクルとテンポが決まっていないため、速くなったり遅くなったりできます。

(ソロは1:33~)

これらはいずれも形式であって、どう叩くか、つまり、「作り方」はだいたい共通しています(フリーはやや例外が多い)。肝心の作り方は次回にて。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA