ドラムの記譜【後編】

Pocket

ドラムの記譜【前編】の続き。

○スネア

前編で書いた通り、ト音記号でいうところのドの位置に記される。普通は黒まるで書くが、クローズド・リム・ショットはバツで書く。ことが多い。また、符尾に斜線を引くことでクローズド・ロール、装飾音(ピアノでいうところのトリル)を加えることでフラムやラフといった、スネアならではの特殊な奏法を表す。音価の長いクローズド・ロールを記すときに白たまやタイを用いることもある。

○タム類

タムはドラマーによってセッティングしている数が異なるため、ドラムの中で最も音符の位置が安定しない楽器と言える。一般的な2タム1フロアのセッティングであれば、ト音記号でいうところのミがハイタムレがロータムラがフロア・タムであることが多い。櫻井の所感では、スタンドやアタッチメントを使ってセッティングするタム類はスネアより上、シェル(胴体)に足がついているフロア・タム類はスネアより下に書かれている傾向があるように思える。ド以外の黒たまで符尾が上向きのものは十中八九タム類と思って差し支えない。

○シンバル類

スネア、タムなどの太鼓類が通常の符頭であるのに対し、シンバル類はバツで表される。ハイハット、ライド、クラッシュが主なシンバルになるが、国や地域、人によって書き方が異なり、タム類同様、表記が安定しない楽器である。日本では、ト音記号でいうところのソがハイハットラがライドシがクラッシュという表記が多い。ことクラッシュに関しては、一見してわかるようにアクセント記号をつけたり、符頭をマルで囲ったりすることもある。ただ、スプラッシュやチャイナといったエフェクト・シンバルをバツ+マルで囲むマークで表記する人もいるので注意。

○パーカッション類

カウベルは符頭を三角形にして表記することが多い。白たまと見間違わないように、黒い三角形を用いるのが普通だが、まれに白い三角形を用いる人もいる。その他パーカッションも同様であるが、なぜかタンバリンはバツで表されることが多い。この場合、シンバル類と混同しやすいので、文字による補足が入るのがほとんどだ。ちなみに櫻井は、クローズド・リム・ショットでない「リムを直接叩く」という場合は叩くリムの楽器の符頭をひし形にしている。

○ペダル類

これも前編に書いた通り、足で操作する楽器は符尾が下向きになる。ト音記号でいうところの黒たまのファがキックバツのレがハイハット・ペダルと書く人がほとんどだろう。足でカウベルを演奏する場合は前項同様、符頭を三角形にし、符尾を下向きにする。

以上のことからもわかるように、ドラムの記譜は他の楽器に比べてかなり個人差がある。自分で書いたものを自分で読む分には問題ないけれど、自分の書いた譜面を相手に読んでもらう場合は、食い違いが起きないよう注意しよう。不安な表記あれば文字で補足するのもいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA