ドラムの記譜【前編】

Pocket

○音部記号

ドラムの記譜(楽譜を書くこと)は、五線譜を用いる。他の楽器と同様に音符や休符を書き込んでいくのだけれど、音部記号はト音記号ではなく、パーカッション記号ヘ音記号を用いることが多い。櫻井はパーカッション記号を用いているので、今後の音部記号はパーカッション記号で統一させていただく。

パーカッション記号

 ヘ音記号

○符頭(たま)の位置

ドラムは明瞭な音程を持たないため、音程の差ではなく叩く楽器の差で書き分ける。たとえば、スネアはト音記号でいうところの「ド」の位置に記すことが多いが、スネアの出す音程が必ずしも「ド」であるとは限らない。また、オクターブ違いの「ド」はスネアにならない。

○符頭の形

ドラム譜の最大の特徴とも言えるのが、符頭のバリエーションの多さである。通常の符頭、いわゆる「黒たま」はもちろん、バツ、三角形、スラッシュといった形の符頭も用いる。スネアやタムなどの太鼓類は黒たま、ハイハットやライドなどのシンバル類はバツ、カウベルやタンバリンなどのパーカッション類は三角形ブレイク(キメ)はスラッシュが用いられることが多い。また、全音符や2分音符の符頭、いわゆる「白たま」は用いないことがほとんどである。

○符尾(ぼう)の向き

他の楽器であれば第3線よりも上に記す音符の符尾は上向きに記すのが普通であるが、ドラムは手を使って叩く楽器は上向き足を使って叩く楽器は下向きに記すことが多い。聞いた話によると、このように手と足で符尾の向きを変えるのは「ヨーロッパ式」と呼ばれ、符尾の向きを上に統一する「アメリカ式」という記譜法もあるらしい。日本のドラム譜はほとんどヨーロッパ式であり、櫻井が書く楽譜もこれに準じている。

後編へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA