ジンクス

Pocket

国語辞典曰く、「縁起のよい、または悪い言い伝え。また、縁起をかつぐ対象とする物事」のこと。たとえば、「左の頬にニキビができると振られる」という風に、結びつきのないものによって吉凶を占うケースが多い。他にも「数字の4は不吉」「手の平に『人』という字を書くと緊張が和らぐ」「卒業の日、校庭のはずれにある古い大きな樹の下で、女の子から告白して生まれたカップルは永遠に幸せになれる」などがある。いずれも日本国内限定のジンクスだ。海外で不吉とされているのは’13’ である。ただ、「手の平に『人』」を英語で書こうとすると「この場合は『human』と『person』、どちらが正しいのだろう」と気が紛れるので、同等以上の効果が期待できる。

ミュージシャンの有名なジンクスといえば「ロック・スターは27歳で他界する」がある。ぱっと思いついただけでも、ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョップリン、ジム・モリスンの3人は挙げられる。短命であることもさることながら、3人とも1970~71年と同時期に亡くなっているため、インパクトが強くジンクス化したものと思われる。しょうもないところだと、「カラオケで『ロマンスの神様(広瀬香美)』を歌うと恋愛が成就する」がある。これも日本国内限定だ。どれだけ恋愛体質なのだろう。

「このジンクスをしなければ」という依存に繋がる危険もあるが、特徴的なジンクスは流通しやすく、結果として宣伝になることもある。とある有名な野球選手のジンクスで、「バッター・ボックスに立って構える前に、バットで観客席を指すとヒットが打てる」というものがあるらしい。パフォーマンスが一人歩きして、ジンクス化した例と言える。ちなみに、櫻井は「バッター・ボックスって何?」というレベルで野球に興味がないため、野球選手の名前も覚えていないし、このジンクスは通用しない。櫻井が野球をやったら「櫻井ティモの投げるボールは絶対に打てない」みたいなジンクスが生まれると思う。

そういえば、野球には「2年目のジンクス」というものがある。初年度に活躍した選手が二年目に活躍できないというジンクスだが、これは野球に限らず、どんな業界にも起こり得るジンクスである。音楽業界だと、「特定の1曲だけが大ヒットして、その曲しか知られていない」という、いわゆる「一発屋」がこれに相当すると思う。ただ、一曲でもヒットすれば儲けものである。「ドラム・セットに座って構える前に、ドラム・スティックで観客席を指すとヒット曲になる」みたいなジンクスがあればいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA