サムソン

Pocket

某国の大企業と名前が似ているが、あちらは「サムン」である。サムソンは、旧約聖書の士師記に出てくる士師の1人だ。「士師」というのは役職の一種で、イスラエルという国を導くリーダーのことである。「神様によって任命された戦う総理大臣」と思ってくれればいい。聖書に出てくるリーダーといえば、アブラハム、モーセ、ダビデなど、神様を礼拝し民を励ました、いわゆる「絵に描いたようなスーパー・ヒーロー」が有名だ。しかしサムソンは、聖書の中でも珍しい、ダーク・ヒーローである。

○信心深い奇人?

サムソンは大変な力もちで、登場早々、襲いかかってきたライオンのアゴを素手で引き裂いているし(士師記14:6)、敵国の民を2,000人以上殺している(士師記14:19、15:15、16:30)。また、彼を騙した妻の実家の畑にしっぽにたいまつをくくりつけた狐を300匹も放つ(士師記15:4-5)など、世が世ならサイコパスとされていただろう。

○怒りは悪いものではない、が

サムソンという人を一言で言い表すならば、「怒りの人」である。信仰に深い、神様に愛された人だったけれど、その原動力は、身を焦がすほどの怒りだった(士師記14:19、15:3)。聖書は「怒るに遅く(ヤコブ1:19)」と教えているが、怒りそのものは否定していない。怒って良いのだ。ただし、サムソンがそうだったように、怒りの応酬は死なのである(士師記16:30、31)。

櫻井は短気だけれど、怒る勇気はない。単純に、死ぬのが恐ろしいからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA