サイコクラッシャー

Pocket

今の10代には全く通じないかもしれない。社会現象にもなった人気格闘ゲーム「ストリートファイター・シリーズ」に登場するキャラクター「ベガ」の必殺技のひとつ。自身の能力である「サイコパワー」を身にまとい、地面に対して水平方向に移動しつつ、相手に体当たりする技である。英語で「サイコ(Psycho) 」は、単体だと「精神病の」という意味で用いられるが、別の単語(この場合、クラッシャー『Crusher』、パワー『Power』)の頭につけることで「心理、精神、霊魂」という意味を加えることができる。つまり、サイコクラッシャーは「Psychocrusher(心理破壊)」、サイコパワーは「Psychopower(心理力)」である。体当たりだが、攻撃対象は心理なのである。

まず「心理」とは「心の理」、つまり「心の筋道」のことである。以前ブログに書いた「思考回路(参考「『思考回路はショート寸前』とは、どういう意味か」)」に似ているが、心理は「無意識下における心の動き(深層心理)」や、「集団の心(社会心理)」など幅広く用いられる。ただ、「実体がない」という点は共通しており、心理そのものを使って他者を傷つけたりすることはできない。サイコクラッシャーを放つベガは、全身を紫色の炎のようなものに包んでいるが、あの炎のようなものはサイコパワーではない。更にベガは「サイコショット」という「サイコパワーを球状にして相手に飛ばす技」もあって、画面上に紫色の球体らしき物体が確認できるのだけれど、これもサイコパワーではない。当たると全身火だるまになるが、それもサイコパワーのせいではない。

では、サイコパワーとは一体何なのか。話を戻すが、サイコクラッシャーが攻撃するのは肉体ではなく心理である。ただの体当たりなのに、対象が「サイコクラッシャーだ」と認識することによって心理的ダメージを受けている、ということだ。この「存在しないものを相手に誤認させる能力」のことをサイコパワーと呼ぶのでは、と僕は考えた。端的に言えば、「ハッタリ」である。対象は、ベガが得体のしれない紫色の何かに包まれ、空中を水平移動している様を観察すると「これは何か飛んでもない力なのだ」と誤認し、恐怖する。サイコショットにしたって、「空中浮遊している球状の物体に触れたら危険だ」と思い込んでいるに過ぎない。

このサイコパワーを成功させるためには、紫色の炎や空中浮遊といった演出を高レベルで行なわなければならない。加えてベガは「悪の組織の総帥」「前作のラスボス(サガット)を越える強敵」「世界征服を企む」など、「わいはむっちゃ強いでアピール」がしっかりしている。勝負は、戦う前から始まっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA