ギターを好きになったきっかけ

Pocket

ギターは櫻井が初めて買った楽器であり、今なお弾き続けている最愛の楽器である。ただ、初めから好きだったかと言えばそうでもなく、ギターを選んだ理由は消去法だった(参考『アコースティック・ギターの思い出』)。一応「ジャズを演奏したい」という目標はあったけれど、ジャズ・ギターに興味があったわけではない。むしろ、当時知っていたジャズ・ギタリストがジョン・スコフィールドとパット・メセニーだけで、ビバップ好きの櫻井は「どこがジャズだよ、ふざけんな」と思っていた。

ジャズ・ギターに興味を持つようになったきっかけは、ケニー・バレルだった。中学生のころからブルー・ノート・レコードの作品をよく聞いていて、高校に上がった時くらいに「そろそろジャズ・ギターも聞いてみるか」と思って手を出したのが「Introducing」だった。「ジャズ・ギターはジャズにあらず」という固定観念を打ち砕いてくれた作品である。その後、ジム・ホールやウェス・モンゴメリーといった王道を聞くようになった。もしも手を出したのがケニー・バレルでなくマイク・スターンだったら、いまなおジャズ・ギターに抵抗があったかもしれない。

ギター自体が好きになったきっかけは、実はあまり覚えていない。特別好きなギタリストがいたわけでもないし、もちろん、初めから上手く弾けたわけでもない。バンドスコアを見て、弾ける部分だけを弾いて遊んでいた。不思議なことに、これがとにかく楽しい。たった数小節のリフを、何時間も延々と弾いていられる。迷惑なことに、出先でも友人のギターを奪って同じリフをずっと弾いていた。

おそらく櫻井にとってギターは、達成感を覚えやすい楽器だったのだと思う。ワンフレーズ、数秒間だけであっても、偉大なギタリストと同じステージに立っていると錯覚できる。なんなら、音を出さなくても良い。鏡の前でギターを構えているだけでも充実感があった。音に合わせて弾けるフレーズだけ弾いて、あとは弾いているフリをしていた。子どものごっこ遊びのようなものだ。だから櫻井はギターが上達しないのだな、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA