カウントの出し方【後編】

前回(『カウントの出し方【前編】』)の続き。

◯ダブル・カウント

1小節使うシングル・カウントに対し、こちらは2小節使って合図を出す方法です。テンポの速い曲やアウフタクト(弱起)の曲、拍数の少ない曲など、シングル・カウントでは入りにくい場合に用います。

4拍子の場合はシングル・カウントとの混同を避けるため、1小節目はハーフ・カウント(1、3拍だけ)にして数えるのが普通です。その際、ハーフ・カウントは「ワン、スリー」ではなく「ワン、トゥー」と数えます。


さらに、極端に速い曲には4小節使って合図を出す「4バー・カウント」を使うこともあります。この場合、1、2小節目は全音符で数え、3、4小節目でダブル・カウントします。


◯スウィング・カウント

ジャズの楽曲で用いられるカウント方法で、2、4拍目(3拍子の際は2、3拍目)を叩きながら声でダブル・カウントします。


◯クラーベ

キューバ音楽の根底となるリズムのこと(参考『クラーベ』)。基本的に3-2で数えるため、2-3の楽曲は2回目の3サイドから入ります。また、数字を読み上げるのではなく、クラーベのリズムに合わせて声を出すのも特徴です。


◯アイコンタクト

ちょっと飛び道具ですが、音を出さずに身体の動きだけで合図を出す方法です。首を縦に振ったり、数字を口パクしたりすることでテンポを共有します。曲に入る直前は、大きな動きをしてわかりやすくするのがポイントです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。