オンライン・ゲーム

Pocket

最初にハマったのは、ドリームキャスト(以下、ドリキャス)の「ファンタシー・スター・オンライン(PSO)」で、中学1年か2年生のころだったと思う。ハンドルネームは「Nadeshico」で、由来は当時「撫子」という字体がお気に入りだったためである。最初は男性キャラにしようと思っていたのだけれど、デザインがあまり好みではなく、結局女性キャラにした。決してネカマ(ネット上で男性が女性のように振る舞う行為)を狙っていた訳ではない。ただ、口調が常に敬語だったし、一人称も「私」だったので、面白いくらい女性に間違われた。「なでしこさんは、何してる人?」→ティモ「中学生です」→「女子中学生! はあはあ」と女性であるという前提で話が進んだり、「なでしこは女?」→ティモ「実は男の子だったり(笑)」→「(笑)」と端から疑われていないケースがほとんどだった。「外見に惑わされてはいけないな」と学んだ青春時代。ちなみにハニュエールで槍使ってました。

ドリキャスではPSO以外にもいくつかオンラインで遊んだけれど、次にハマったのはプレイステーション2(PS2)の「ファイナルファンタジー11(FF11)」だと思う。その頃のハンドルネームは、前述の撫子に本名から一文字取って「桜撫子」だったのだけれど、アルファベットにすると長いので、FF11では’sakura’ にしていたと思う。基本的に物理(特に槍)で攻めるのが好きなのだけれど、FF11の物理攻撃モーションがいまいち好きになれず、ジョブはメインに黒魔道士、サポに白魔道士で、魔道士の王道ルートを突き進んでいった。キャラはヒューム(男)にバストゥークと、こちらも至って普通。鯖はシルフかラムウだったかと思う。飛行艇のパスを取って、雪山っぽいダンジョンまで行ったところで飽き始めたのだけれど、吟遊詩人が追加されたのをきっかけに、鯖をギルガメッシュへ移し、タルタル(男)にウィンダスでリスタートした。もう誰もついてこれまい。

PSOもFF11も10年以上前のゲームで、当時はまだまだマイナーなジャンルだったけれど、ネットの普及と共に利用者は莫大になった。また、今はオンライン・ゲームよりもソーシャル・ゲームの方が需要があり、成功していると思う。ソーシャル・ゲームもオンラインだけれど、ネット世界で費やした時間が経験値に繋がるオンライン・ゲームと違い、ソーシャル・ゲームは現実世界で費やした金額が経験値に繋がる。課金制はビジネスとしては優れたアイディアだと思うけれど、やはりゲームの部分より、ソーシャルの部分に重きを置いていることは否めない(だからこそ成功した、とも言える)。櫻井はオンライン・ゲームもソーシャル・ゲームもしていない。やるなら、ただゲームがしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA