オンライン・ゲーム

Pocket

最初にハマったのは、ドリームキャスト(以下、ドリキャス)の『ファンタシー・スター・オンライン(PSO)』で、中学1年か2年生のころだったと思います。ハンドルネームは「Nadeshico」で、由来は当時「撫子」という字体がお気に入りだったためです。最初は男性キャラにしようと思っていたのですが、デザインがあまり好みではなく、結局女性キャラにしたのです。決してネカマ(ネット上で男性が女性のように振る舞う行為)を狙っていた訳ではありません。ただ、口調が常に敬語でしたし、一人称も「私」だったので、面白いくらい女性に間違われました。

「なでしこさんは、何してる人?」
「中学生です」
「女子中学生! はあはあ」

女性前提で話が進んだり

「なでしこは女の子?」
「男の子だったり(笑)」
「(笑)」

端から疑われていなかったりしました。「外見に惑わされてはいけないな」と学んだ青春時代でした。ちなみにハニュエールで槍使ってました。

次にハマったオンライン・ゲームは、プレイステーション2(PS2)の『ファイナルファンタジー11(FF11)』でした。その頃のハンドルネームは、前述の撫子に「櫻井」から一文字取って「桜撫子」だったのですが、アルファベットにすると長いので、FF11では「sakura」にしていたと思います。基本的に物理(特に槍)で攻めるのが好きなんですが、FF11の物理攻撃モーションがいまいち好きになれず、ジョブはメインに黒魔道士、サポに白魔道士で、魔道士の王道ルートを突き進んでいました。キャラはヒューム(男)にバストゥークと、こちらも至って普通です。鯖はシルフかラムウで、飛行艇のパスを取って雪山っぽいダンジョンまで行ったところで飽き始めたのですが、吟遊詩人が追加されたのをきっかけに鯖をギルガメッシュへ移行、タルタル(男)にウィンダスでリスタートしました。誰もついてこれまい

PSOもFF11も10年以上前のゲームで、当時はまだまだマイナーなジャンルだったのですが、ネットの普及と共に利用者は莫大になった。今はオンライン・ゲームよりもソーシャル・ゲームの方が需要があるのではないでしょうか。ソーシャル・ゲームもオンラインですが、ネット世界で費やした時間が経験値に繋がるオンライン・ゲームと違い、ソーシャル・ゲームは現実世界で費やした金額が経験値に繋がります。課金制はビジネスとしては優れたアイディアだと思いますが、ゲームよりソーシャルに重きを置いているように思えます(だからこそ成功したとも言えます)。


開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA