もしも櫻井ティモがベーシストだったら

Pocket

実は、櫻井はベーシストになっていた可能性がある。というのも、中学生のころにギターを始めたものの、あまりにも難しかったため、「自分でも上達できそうな簡単なポピュラー楽器はないか」と検討した際、候補に挙がったのがドラムとベースだったのだ。「弦を1本だけ押さえて8分音符を刻むだけの楽器」と思っていたのである。ギターよりもフレットが広いが、元々手が大きいので「普通の人よりも上達が早いのでは」という目論見もあった。結局、「身近にベーシストが複数名いる」「ギターが駄目だったのだから弦楽器は向いていない」などの理由でベースは選ばなかったのだけれど、もしあの時ベースを選んでいたら、どうなっていたのだろう。

まず、金銭的な問題で3年続くかどうか怪しい。3,000円する弦の交換を3ヶ月毎にしたとして、年間に1万2,000円の出費。さらに、フィンガーイ―ズ、クロス、シールドなどの消耗品も多く、故障した場合の修理費や代替器も念頭に置かなければならない。ジャズ志向なのは相変わらずなので、「エレベでジャズはやりたくない」とウッドベースを欲しがったら、もうおしまいだと思う。「好きでもない楽器に何故そこまで投資しなければならないのか」と、早々に見切りをつけていただろう。

その点ドラムは、実にお金のかからない楽器である。楽器はスタジオに常設してあるため、メンテナンスの必要なし。消耗品は1,000円前後のスティックくらいで、頻繁に買うものではない。「ジャズがやりたい」と思って買ったブラシも5,000円くらいだった。自分のスネアとペダルは合わせて5、6万円ほどしたけれど、故障もなく10年以上使えた。ドラムという楽器自体には何ら魅力もないけれど、強いて挙げるならこの「コスト・パフォーマンス」は愛せるポイントである。

また、人間関係は大きく変わっていただろうな、と思う。高校時代に組んだバンドは、当初ツイン・ボーカルの予定だったが、ベーシストがいなかったため、ボーカルの片割れがやむなくベースを始めた、という経緯がある。ドラマーは余るほどにいたので、櫻井がベーシストだったら当初の予定通り、ツイン・ボーカルでエグザイルみたいな曲をやっていたかもしれない。

最大の影響は、教会の賛美隊に誘われないことだろう。ドラマーがいなかったから櫻井に声がかかったけれど、もしもベーシストだったら賛美隊と関わることはなかった。それはつまり、クリスチャンになることはなかった、という意味だ。そう考えると、「たかだか楽器ひとつ」とは思えないから不思議である。単なる楽器とはいえ、ドラム1つで櫻井の人生は大きく変わっているのだ。ミュージシャンの人は是非、違う楽器を選んだ人生を想像してみよう。今弾いている楽器が自分にとってどれほどの存在になっているか、思い知るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA